エスプレッソ

  • エスプレッソ(イタリア語: espresso)は、イタリア発祥のコーヒー抽出方法およびその方法で抽出されたコーヒー。深煎りで微細に挽いたコーヒー豆を充填したフィルターに、沸騰水を加圧状態(9-10気圧程度)で濾すことで抽出される。イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル、スイス、ブルガリア、ギリシャ
  • キューバエスプレッソ(Cuban espresso. Cuban espresso, Cuban coffee, cafecito, Cuban pull, Cuban shotとも)はキューバ発祥のエスプレッソの一種。特に淹れるときにデメララ糖により甘くしたエスプレッソ
  • Americano)とは、エスプレッソ・コーヒーに湯を注いで作るスタイルのコーヒーのことである。 最も一般的なアメリカーノという名称の由来には、エスプレッソを薄めて飲むアメリカ人を侮蔑する意味があったという説がある。 ドリップ・コーヒーとはまた異なった風味を楽しむことができる。エスプレッソ
  • エスプレッソで眠れない」(エスプレッソでねむれない)は杏里9枚目のシングル。1982年2月5日発売。発売元はフォーライフ・レコード。 3rdアルバム『哀しみの孔雀』からシングルカットされた。 エスプレッソで眠れない 作詞:糸井重里 作曲:鈴木慶一 編曲:岡田徹 シルエット オブ ロマンス 作詞:佐藤奈々子
  • レッソ大阪 2020年2月17日 ^ 2021年セレッソ大阪応援ナビゲーターについて セレッソ大阪 2021年2月27日 セレッソ大阪の選手一覧 セレッソ大阪堺レディース 大阪ダービー 関西ダービー ゴラッソ!セレッソ – 関西テレビで放送されていたセレッソ大阪応援番組 セレッソ大阪スポーツクラブ
  • セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ(イタリア語:Segafredo ZANETTI Espresso)は、イタリア・ボローニャに本社を持つ飲食店チェーン。 世界各国に600以上の店舗を展開し、エスプレッソを中心的な商品とするが、酒類の提供も行われているためカフェ・バールに分類される。ブラジルに
  • モカエキスプレス(Moka Express、又はモカ・ポット:Moka pot、エスプレッソ・ポット:Espresso pot)は、伊・ビアレッティ社の商標で、沸騰した水の蒸気圧でコーヒーを抽出する方式の直火式のエスプレッソ・メーカーである。日本では、このタイプの器具をマキネッタ (macchinetta)
  • カフェ・コレット(伊: caffè corretto)とは、エスプレッソと少量の酒から成る、温かいタイプの酒入りコーヒー飲料である。なお、カフェ・コレットはイタリアの飲み物であるが、イタリア以外ではエスプレッソ・コレット (espresso corretto) などと呼ばれる場合もある。 カフェ・コレッ
  • white)はオーストラリアやニュージーランドで一般的なエスプレッソベースのコーヒーである。 エスプレッソにきめ細やかに泡立てたスチームミルクを注ぎ、エスプレッソとミルクがよく混ざり合った飲みやすいコーヒーである。カフェ・ラッテやカプチーノと比べるとフォームの量が少なく、エスプレッソ
  • ルンゴ (カテゴリ エスプレッソ)
    ルンゴ(Lungo)は、通常の2倍程度の大量の水で抽出したエスプレッソである。長いの意味である。 。 通常のエスプレッソは、18から30秒間抽出し、25から30mlできるのに対し、ルンゴは最大約1分間抽出し、50から60mlできあがる。 ルンゴは、エスプレッソに湯を加えるアメリカーノや、逆に湯にエスプレッソ
  • リストレット(Ristretto)は、通常の量のコーヒー豆を通常の半分の量の水で抽出するショートショットのエスプレッソである。 全抽出工程の前半半分で終わるため、より早く抽出される物質が成分の大半を占める。 リストレットの逆はルンゴといい、シングルショットのエスプレッソを抽出する際と同量の豆でダブルショット分の抽出を行う。
  • カフェ・ラッテ(Caffè Latte)は、エスプレッソと牛乳を混ぜたイタリア発祥の飲み物である。 カフェ・ラッテ(Caffè Latte)という語は、元来は「コーヒー・牛乳」という意味のイタリア語である。より発音に忠実に転写すれば「カッフェ・ラッテ」となる。イタリア語では、カッフェッラッテ(Caf
  • 「カフェエスプレッソ(販売終了)」へ継承。 エスプレッソカフェ微糖(410mlPET) – 『程よい甘さの「微糖エスプレッソ」』 エスプレッソデミタス(160g缶) – 『ダブルエスプレッソにミルクを注いで』 エスプレッソ ブラックス(275mlボトル缶) – 『いいものは、ちょっとずつ。』 エスプレッソマイルド(190g缶)
  • コルタード (カテゴリ エスプレッソ)
    コルタード(Cortado)は、少量の温かい牛乳で薄めたエスプレッソである。牛乳とコーヒーの比は1:1から1:2であり、牛乳はエスプレッソを作った後に加える。コルタードという言葉は、切るという意味のスペイン語の動詞の過去分詞である。 コルタードは、カタルーニャ語では”Tallat”、バスク語では”
  • カプチーノ(イタリア語: cappuccino)は、イタリアで好まれているコーヒーの飲み方の1つで、陶器のコーヒーカップに注いだエスプレッソに、クリーム状に泡立てた牛乳を加えたものをいう。イタリア語の本来の発音は「カップッチーノ」に近い。好みによってチョコレートパウダーで風味付けすることもある。なお
  • スプリッツ ベリーニ ネグローニ it:Negroni sbagliato コーヒー エスプレッソ カプチーノ カフェ・ラッテ カフェ・コン・パンナ(イタリア語版) カフェ・コレット ビチェリン カッフェ・ドルゾ ラッテ・マキアート カフェ・マキアート カフェ・オ・レ カフェ・モカ エスプレッソ・アメリカーノ
  • ロングブラック (カテゴリ エスプレッソ)
    ロングブラックは、お湯にエスプレッソまたはリストレットのダブルショットを注ぐことによって作られる。通常は約100〜120ミリリットルの水が使用されるが、個人の好みに合わせて柔軟に対応してもよい。カフェ・アメリカーノに比べて水の量が少ないため、味が強くなる。また、通常は、エスプレッソ
  • エスプレッソしか淹れないのが普通である。そして最後にラッテ・マキアートはエスプレッソとミルクが混ざらず二層に分かれる。 簡単にまとめると、カフェ・マキアートはエスプレッソに重点を置き、ラッテ・マキアートはミルクに重点を置いている。 エスプレッソ
  • ノックボックス (カテゴリ エスプレッソ)
    は、エスプレッソ抽出を行った後、「パック」と呼ばれる使用済みのエスプレッソ粕を廃棄するために使用される器である。一般的にステンレス鋼またはプラスチック製で、パックを取り出すためにフィルターホルダーを打ち突ける 「バッシュバー」と呼ばれる丈夫なバーを持つ。通常エスプレッソ
  • ドリップコーヒーにスチームミルクを1:1の割合で加えたもの。 カフェ・マキアート – エスプレッソに少量のフォームドミルクを注いだもの。 カフェ・ラッテ – エスプレッソにスチームミルクを1:1の割合で加えたもの。 カプチーノ – エスプレッソにスチームミルクとフォームミルクを1:1:1の割合で加えたもの。 カルーア・ミルク
  • エスプレッソ/マキネッタ 高温、高圧をもって一気に抽出するエスプレッソマシンと、飽和水蒸気による圧力使用する直火式のマキネッタがある。詳細はエスプレッソ項を参照のこと。イタリア、フランス、スペイン、ポルトガルといった南欧諸国では一般にコーヒーといえばこのエスプレッソ
  • macchiato)とは1ショットのエスプレッソに少量のフォームドミルク(蒸気などで泡立てた牛乳)を注いだものである。 マキアートとは、イタリア語で「染みのついた」と言う意味で、エスプレッソに注いだミルクの跡が染みの様に見えることから名づけられた。 本来はエスプレッソスプ
  • カフェモカ(英: Caffè mocha、西: café moca)とは、エスプレッソコーヒー、チョコレート・シロップ、スキムミルクを混ぜた飲料。チョコレートとミルクの代わりにココアを使うこともある(原材料としてはほとんど同じである)。ホイップクリームなどをトッピングすることが多い。
  • 珈琲鑑定士<ブラジル粒選り豆100%> レジェンドブレンド -伝説の香り- ザ・エスプレッソ ボスの休日 ミッドナイトアロマ 木蔭 プレミアムクリア ザ・エスプレッソ ボスの休暇 ショートブレイク -漂う深煎り- 自由時間 クリアプレッソ -すっきり深煎り- ファーストクラス ドライ – グッドスタートブレンドへ継承。
  • Bica)はポルトガルの一部で使用されるポルトガル語でコーヒーを意味する”café”に相当する用語。イタリアのエスプレッソに似た飲み物を指すが、エスプレッソよりも浅く挽くため、エスプレッソよりも手間がかかり、口当たりは幾分か良い 。 ポルトガルのほぼすべての地域で単にコーヒーを意味する’um
  • バリスタ(伊: barista)は、バールのカウンターに立ち、客からの注文を受けてエスプレッソをはじめとするコーヒーを淹れる職業、およびその職業についている人物をいう。 イタリアのバールには喫茶店やカフェとしての特徴がある。バーのバーテンダーがもっぱら酒類を扱うのに対し、バールで働くバリスタはノン・
  • などがある。 アメリカ・イギリス・フランスなどでは、エスプレッソにホイップクリームを載せた「エスプレッソ・コン・パンナ」(espresso con panna, イタリア語でクリームを添えたエスプレッソの意)を、同じくウィーン風コーヒーという意味である「カフェ・ヴィエンヌ」(café
  • ランスのカフェ・オ・レよりもイタリアのカフェ・ラッテ(若しくはアングロ圏のラッテ)に類似するが、ラッテはエスプレッソで作られるのに対して、カフェ・コン・レチェは濃いめのコーヒー(大抵はエスプレッソ)と温めた牛乳をおおよそ1:1の比率で混ぜて作る。 好みによって砂糖や甘味料を混ぜる。
  • ミヤネ屋』ネット開始後も継続されていた。 Newsエスプレッソ 「News」は「ニューズ」と濁らせて読む。前番組の「情報特急便」の後続ニュースコーナー。タイトルにイタリア語の“エスプレッソ”が付いているが、「急速」を意味する言葉であり、エスプレッソコーヒーなどの飲み物とは無関係である。「情報特急便
  • プレス専用ペーパーフィルターか、または円盤状の薄い金属フィルターが用いられる 。 このコーヒーメーカーはエスプレッソの濃さのコーヒーを作ることができるとパッケージには記されているが、一般的にはフィルタードリップの濃さのコーヒーを淹れることができる。 この器具は2つのポリエス
  • coffee」と表現されている。 イタリアのアイスコーヒーはエスプレッソを冷蔵庫に入れて冷たくしたカフェ・フレッド(氷を入れない冷やしたエスプレッソ)や、熱いエスプレッソと砂糖と氷をシェイカーに数個入れてシェイクし泡立てた後に、グラスに注いで提供するカフェ・シェケ
  • (Eclisse) イタリア生まれのコーヒーリキュールで、イタリアンバーの本格的なエスプレッソマシーンを使って深煎り豆から抽出した濃いエスプレッソを4割使用して造られた「エクリッセ・エスプレッソ」と、そのエスプレッソにミルクをたっぷり加えた状態で造られた「エクリッセ・カプチーノ」の2種類が存在。ア
  • マウントレーニア カフェラッテ マウントレーニア カフェラッテ エスプレッソ マウントレーニア カフェラッテ ノンシュガー マウントレーニアダブルエスプレッソシリーズ マウントレーニアダブルエスプレッソ カフェラテ マウントレーニアダブルエスプレッソ エスプレッソ 贅沢シリーズ TBCシリーズ やすらぎ茶房 リプトンティーシリーズ
  • ビチェリン (カテゴリ エスプレッソ)
    ビチェリン (Bicerin) は、イタリア・トリノの名物であるホット・チョコレートとエスプレッソの混合飲料。 グラスの下からエスプレッソとホット・チョコレートと生クリームの3層で、そのまま混ぜずに提供される。ビチェリンという言葉はピエモンテ語で「小さなグラス」を意味し、イタリア語の方言 bicchierino(bicchiere
  • 理機器も対象が拡大している。また家庭用の掃除機や洗濯機も製造している。 イタリア証券取引所上場企業である。 日本ではオイルヒーターで知られる他、エスプレッソメーカー、ハンドブレンダーやオーブンなどのキッチン家電など幅広い取り扱いを行っている。 2007年9月、東京・代官山に日本初の直営路面店、カーサ
  • タガノエスプレッソ(欧字名:Tagano Espresso、2012年2月12日 – )は、日本の競走馬。主な勝ち鞍は2014年のデイリー杯2歳ステークス、2020年の阪神ジャンプステークス、京都ジャンプステークス、2022年の京都ハイジャンプ。 馬名の意味は、冠名(タガノ)にイタリア語で「急行」。
  • イン分野において垣根がなく船舶、電車、トラック、バス、トラクター、モーターサイクル、フォークリフト、オフィスチェア、プロジェクター、スピーカー、エスプレッソマシン、ゴルフクラブ、電話機、サングラス、時計、靴、歯ブラシ、ジャクージ、PC周辺機器などまで幅広く手がける。
  • 「affogato」はイタリア語で「溺れた(アイスクリーム)」の意である。かける飲み物はエスプレッソが最もポピュラーであるが、コーヒーや紅茶やリキュールなどバリエーションが豊富で、かける飲み物によって『○○○アフォガート』と呼び名が変わる。 日本では、バニラアイスクリームにエスプレッソコーヒーをかけたコーヒーアフォガート(イタリア語ではアッフォガート・アル・カッフェ
  • 午後の紅茶 (カテゴリ キリンビバレッジ)
    翌年1月までの期間限定だった。 エスプレッソティー・ブラック 無糖(2011年4月発売、190g缶) – 「エスプレッソティー」のシリーズ品で、無糖・ブラックタイプ。2012年5月製造終了。 エスプレッソティー・アイスラテ(2011年6月発売、190g缶) – 「エスプレッソティー」のシリーズ品。「エスプレッソ
  • カフェの濃度の傾向は店ごとに異なっているが、「カフェお願い」(Un café, s’il vous plaît. アン・カフェ・シルブプレ)とシンプルに頼むと、最近では濃いめのもの(日本ではエスプレッソに分類される濃さに近いもの)が出てくることも増えてきた(だがあくまで、店ごとに傾向は異なる)。 フランスにおいても日本の田舎[どこ
  • –- 単体で食されたり、料理や食べ物の付け合わせとして使用されたりする。 コーヒーゼリー コーヒーソース エスプレッソラブ エスプレッソポークリブ ロティ・コピ/ロティ・パパ/ロティ・ママ レッドアイグレイビー ティラミス — コーヒー・リキュールを使用して調理される カフェリエゴワ ティラミス ^
  • – 6日にエスプレッソコーヒーと北海道産特濃の牛乳を使用した高価格帯プレミアム缶コーヒー「プレミアムダブル」を発売。13日に朝専用ブラックコーヒー「モーニングショットブラック」を発売。20日に「ホワイトワンダ」をリニューアルし発売再開。 4月 – 3日に糖類ゼロタイプ「ゼロマックスプレ
  • [ˈviːnɐ meˈlãːʒ(ə)], ウィーンのメランジェの意)といった場合、オーストリアで日常的に飲まれている種類のものをいう。これはコーヒー(エスプレッソ)にミルクを加え、その上からミルクの泡を乗せたものであり、ウィーンでは1830年に初めて提供された。 ヴィーナー・メランジェはカプチーノとほぼ同
  • エスプレッソ・トニック (espresso tonic) は、エスプレッソとトニックウォーターを混ぜた飲料である。 エスプレッソ・トニックは、トニックウォーターに対して、濃厚なエスプレッソを加え、よくかき混ぜて飲むコーヒー系飲料である。エスプレッソの香りと苦味に加え、炭酸の刺激と柑橘の後味を楽しむことができる。
  • ガラオン(Galão)は、エスプレッソと泡立てた牛乳で作られるポルトガルの温かい飲み物である。カフェラテやカフェオレと似て、背の高いグラスに約4分の1のコーヒーと約4分の3の泡立てた牛乳を注いで作る。一方、より少量で陶器製デミタスで提供されるものはガロトという。比率を1:1にすると、「メイアデレイテ
  • キャラクターの誕生日や性格に関して、シナモロールはデザイナーである奥村心雪の弟、エスプレッソは父、シフォンは会社の同期から由来している。 シナモン(Cinnamon)(声:川田妙子) モカ(Mocha)(声:かかずゆみ) カプチーノ(Cappuccino)(声:佐久間レイ) エスプレッソ(Espresso)(声:白石涼子) シフォン(Chiffon)(声:大谷育江)
  • エスプレッソ + ゲヴュルツトラミネール(白ワインのいち品種で、フランスのアルザス地方の名産) カフェ・カリプソ(カリプソ・コーヒー) – 加糖されたアイスコーヒー + 氷 + ダーク・ラム + ティア・マリア + 生クリーム カフェ・コレット – エスプレッソ + 何らかの酒(カフェ・コレットには様々な組み合わせが存在する。)
  • 押し出す」を意味する“expressus”であり、ドリップコーヒーに比べ抽出時間が早いコーヒーのことをさすイタリア語のエスプレッソ (espresso) と同じ語源である。エキスプレスと表記する場合もある。 急行列車 (Express) や特別急行列車(特急:Limited Express)の意味でも用いられる。
  • デミタス (カテゴリ エスプレッソ)
    (demi tasse)」を意味する。またカップとしてのデミタスは、デミタスコーヒーをはじめにトルココーヒーやエスプレッソ等を飲む際に用いられるカップのことである。 カップの容量は通常約60-90mlで、通常のコーヒーカップの半分程度の大きさである。白色の陶器や磁器
  • スプレッソ(NESPRESSO)は、カプセル式コーヒーを専用コーヒーメーカーにセットし、エスプレッソコーヒーを抽出できるシステム。またそのカプセル式コーヒー、専用コーヒーメーカー、独自のカスタマーサービスを提供するブランド。ネスレグループの1ブランドであり、日本ではネスレネスプレッソ株式会社が輸入販売を行う。本社はスイスのローザンヌ。
  • イダーズの鈴木慶一がプロデュースしており、同バンドメンバーの岡田徹と編曲も担当している。 異国の出来事 作詞:佐藤奈々子 作曲・編曲:鈴木慶一 エスプレッソで眠れない 作詞:糸井重里 作曲:鈴木慶一 編曲:岡田徹 FACE FACE FACE 作詞:佐藤奈々子 作曲:パンタ 編曲:岡田徹 白いヨット
  • 1999年、ランプレが、ダイキン工業のイタリア法人と共同でスポンサーとなり、ランプレ・ダイキンとして改めてチームを結成。 2003年、ランプレ単独名に改称。 2005年、前年の2004年まで活動していた、エスプレッソ機械製造会社であるサエコがスポンサーとなっていたチームを吸収合併し、ランプレ
  • 柏屋コッコ (ラヴ・エスプレッソからのリダイレクト)
    人生を切り売りした自虐的ギャグを披露した。 2010年、『週刊コミックバンチ』(新潮社)に連載していた『離婚同居』がNHKにてドラマ化。 ラヴ・エスプレッソ(FEEL YOUNG、祥伝社) 離婚同居(週刊コミックバンチ、新潮社) 赤い糸(原作:メイ、2008年、ゴマブックス) 斜陽 コミック版(原作:太宰治、2010年、ホーム社)
  • エクセルシオール カフェ(EXCELSIOR CAFFÉ)は、1999年7月に株式会社ドトールコーヒーから誕生した、イタリアンエスプレッソを中心とした日本生まれのカフェのチェーン店である。 第1号店は東京都港区芝浦の「シーバンス・ア・モール」にオープン。イタリアンモダンを基調とした異国情緒溢れる店舗
  • Coffee Shop)と呼ばれることが多い。 スパゲッティを中心に提供するレストラン。1985年(昭和60年)に営業を開始。 エクセルシオール カフェはエスプレッソをメインとするイタリアンバールを意識し、ドトールコーヒーショップのワンランク上を目指したカフェ。1999年(平成11年)より営業を開始した。第1号店は東京都港区芝浦(シーバンス)。
  • 食事にワインを合わせる習慣があり、基本的にはその土地のワインを飲む。また、サラミ、ハムなどの肉製品、チーズの種類の豊富なことも特徴である。コーヒーの消費も多く、イタリア式のいれ方にはエスプレッソ、カプチーノ、カフェ・ラッテが有名。一方、ヨーロッパの国としては珍しくタコも食べる。 近代イタリア語の基礎はフィレンツェの詩人ダンテ・アリギエー
  • なお英語のCoffee percolatorは日本語のパーコレータとは意味のずれがあることに注意。Coffee percolatorはエスプレッソ用の加圧抽出器も含む用語である。 篭の部分に、粗挽きにしたコーヒー豆を入れる。 篭より少し下まで水を入れる。 火にかけて沸騰させる。
  • スターバックス (カテゴリ Webarchiveテンプレートのウェイバックリンク)
    学の中にも出店しており、あらゆる客層に利用されている。 店舗では、ホットドリンクとコールドドリンク、コーヒー豆販売、インスタントコーヒー粉販売、エスプレッソ、カフェラテ、フルリーフティーとルーズリーフティー、ジュース、フラペチーノ飲料、ペストリー、スナックを提供する。
  • タと呼ばれる社内資格を設けている。現在は混雑解消のため、イタリア製のエスプレッソマシンを導入したセルフサービス方式での提供を再開した店舗もある。1店舗当たり1日平均100杯程度を売り上げる。 ファミリーマート ドイツ製のエスプレッソマシンを導入し、「ファミマカフェ」のブランド名で1店舗当たり1日平均
  • で保温機能を持ったふた付きの「サーモマグ」や「トラベルマグ」に限定して「タンブラー」と称するケースが多い。 デミタス 通常の半分程度の大きさで、エスプレッソを飲む場合に用いられる。demiは半分、tasseはカップの意。 カフェオレ・ボウル カフェ・オ・レを飲むときに用いる専用の食器。大きめで全体的に丸い形状であり、取っ手がない。
  • ラテ・アートまたはコーヒー・アートは、バリスタによりエスプレッソを基本とする飲み物の上で作られたデザインをさす。 こうしたデザインは通常2種類の方法で作られ、時にそれらの組み合わせが用いられる場合もある。 第1の方法は、水差し(ミルク・ピッチャー)から出るミルクの流れを操ってエスプレッソに入れるものである(フリーポア(free
  • Aromax (カテゴリ ポッカサッポロフード&ビバレッジ)
    ブラック」へ移行) エスプレッソ(2005年9月の全国発売時からの商品で、2009年3月23日のプレミアムゴールド発売時に販売を休止していたが、9月21日のリニューアルで微糖に変更して販売を再開。) エスプレッソ微糖(2009年9月21日のリニューアルで微糖に変更して販売を再開。2011年春にエスプレッソブルー微糖にリニューアル)
  • DCSの誓いにあるように、新鮮なコーヒー豆の提供を実践するために「フレッシュローテーション」というシステムを採用している。これは、工場では豆の作り置きをしないために「完全受注生産システム」を導入し、店舗では主力であり飲食部門でも使われる「マイルドブレンド」、「イタリアンエスプレッソ」、「アイスコーヒー」を売れ残りがあっても
  • 」(「微笑」と「苦笑」から。久米正雄の造語)や、特に商品名に多く用いられている。「熱さまシート」(熱さまし+シート、小林製薬)、「ネスプレッソ」(ネスレ+エスプレッソ)などがこれにあたる。昆虫の「コロギス」も混成語である。 『日本国語大辞典』に挙げられている混成語には、以下などがある。 にらみる←「睨む」+「見る」
  • 生クリームをフロートさせ完成。 マドラーを添える場合が多い。 ウイスキーを瓶からそのまま(棚などに保管されている温度のまま)注ぐと、温度が下がってしまうので注意する。エスプレッソマシン(英語版)があれば、事前にウイスキーをスチームで温めることが出来る。なければステア後に電子レンジで温め、その後に生クリームをフロートさせても良い。
  • ハシャモト/ハシモト/ニンテンド/ヤマモト/ナカムラ/マンガ:新幹線機関車 ボボ/ココ:フランスのTGVシュド・エスト機関車 トルノフ/ウラジミール:ソビエトのシベリア・エクスプレス機関車 エスプレッソ/ペンデリーノ:イタリアのセッテベッロ機関車 ウェルツシャフト/ルールゴールド/フライングハンバーガー/ラインゴールド:ドイツの103型機関車
  • 、同業の味の素AGFが日本国内におけるライセンス販売を担当していた。 クレマトップ ブライト コーヒーマシン(コーヒーメーカー) ネスプレッソ(カプセル式エスプレッソコーヒーマシン) ネスカフェ ドルチェ グスト(カプセル式コーヒーマシン。7&iグループ店舗・一部の総合スーパー・家電量販店で販売)
  • オメーニャ (カテゴリ ヴェルバーノ・クジオ・オッソラ県のコムーネ)
    Rita, Verta 鍋の製造など金属加工業が盛んなことで知られている。ラゴスティーナ(イタリア語版)やアレッシィ(イタリア語版)、モカエキスプレス(エスプレッソ・メーカー)で知られるビアレッティなどが本社を置く。 ローディ、イタリア ジャンニ・ロダーリ – 20世紀の児童文学作家。 ^ 国立統計研究所(ISTAT)
  • cappuccino(より正確な発音はカップッチーノ)と呼ばれ、日本では(フランス語ではなく)イタリア語のほうが採用される傾向がある。) ^ なお、映画『禁じられた遊び』では、5歳のポレットが貧しい食事を補うためにリンゴをくれた兄のミシェルに「リンゴは嫌い、カフェ・オ・レがいい」とごねる場面があり、そのセリフでパリの都会っ子ということが表現されていた。
  • いるコンデンスミルクを入れて甘くして飲むレギュラーコーヒー用として栽培されている。アラビカ種はマイルドな味のため高品質とされ、ドリップコーヒーやエスプレッソ向けに栽培されている。年間約20,000トンの生産量があり、うちアラビカ種が約5,000トン、ロブスタ種が約15,000トンである。
  • ーなどを提供するマグカップは2003年4月からカフェ・ベローチェに導入された。エスプレッソ系ドリンクは全自動マシンではなく一杯ずつミルクをスチーミングしフォームドミルクを作り販売している。一部でエスプレッソエスプレッソ系ドリンク(カフェラテ、カフェモカ)を取り扱っていない店舗もある。
  • 、1958年に設立された国営企業が少量生産を続けている。 輸入業者が”Cangou”と称したものは、潮州工夫茶若しくは潮汕工夫茶という中国茶の「エスプレッソ」である廈門若しくは潮州の工夫茶や祁門紅茶(祁門工夫)であり、葉を砕くことなく、薄くびっしりとした細かい葉にするのに細心の注意を必要とする。 ^
  • フラペチーノとは、ニューイングランド地方の名称である「フラッペ」(フランス語の「lait frappé」(アイスクリーム入りのミルクセーキ)に由来)と、「カプチーノ」(エスプレッソコーヒーに泡立てたミルクを加えたもの)を組み合わせた言葉である。マサチューセッツ州ボストンで作られ、商標登録された。ボストン地域では、「フラッペ
  • ASMインターナショナル – 元子会社 NXPセミコンダクターズ – 元子会社 シグニファイ – 2016年に分社 センセオ – コーヒーメーカー サエコ – エスプレッソマシンメーカー。2009年7月に買収し子会社化。 BenQ – 共同出資で光学ドライブ会社「Philips BenQ Digital Storage」(現Philips
  • 作詞:湯川れい子 作曲:鈴木慶一 編曲:岡田徹 インスピレーション 作詞・作曲:尾崎亜美 編曲:佐藤準 海辺から 作詞:三浦徳子 作曲:杏里 編曲:鈴木茂 エスプレッソで眠れない 作詞:糸井重里 作曲:鈴木慶一 編曲:岡田徹 砂浜 作詞・作曲:かおる 編曲:岡田徹 オリビアを聴きながら 作詞・作曲:尾崎亜美 編曲:瀬尾一三
  • マックカフェ(McCafé)とはマクドナルドが展開するシアトル系コーヒーチェーン店である。1993年にマクドナルドのアン・ブラウンが消費者のニーズに合わせエスプレッソコーヒーを提供するチェーンとして オーストラリア・ビクトリア州メルボルンで立ち上げた。 マックカフェは通常のマクドナルド店舗と比べて売上が15%
  • アイスクリーム中心のジェラテリア・バールなど様々なものがある。イタリアで単に「カフェ」というと、店ではなくコーヒーそのもの、一般的には「エスプレッソ」を指す。 基本的にカウンターで立ち飲みするスタイルの喫茶店であり、バリスタがエスプレッソやカプチーノなどを作って提供する。朝食代わりにしたり仕事帰りなどに気軽に立ち寄って一杯飲んでいく。
  • メリカ人は自国のコーヒーについて「アメリカンコーヒー」と呼称しない し、21世紀のアメリカではスターバックスに代表されるシアトル系コーヒーなどのエスプレッソ等も好んで飲まれるようになっており、薄いコーヒーを見つけることのほうがむしろ困難である。 由来としては、「1964年東京:芝田村町の、とある石油
  • レッソ (Noble Valiente Hache Lobito de Cerezo) は、Jリーグ・セレッソ大阪のマスコットキャラクター。モチーフはオオカミ。 本項目ではもう一体のマスコットである「マダム・ロビーナ」ことエレガンテ・エスプレンディーダ・マダマ・ロビーナ・デ・セレッソ (Elegante
  • ギリシアと異なり女性も参加している。また、古代ローマ同様に横たわって食事をするのが作法であった。1日2食の習慣は現代にも引き継がれており、朝食はエスプレッソのみであったり、パンとチーズとワインで軽く済ませる多い。夕食が豪華なのも同様で、家族全員であったり参加者全員がそろって食事をして、歓談の場とする
  • ゴールドシップ(2014年、2015年阪神大賞典) ウインバリアシオン(2014年日経賞) サングレアル(2014年フローラステークス) タガノエスプレッソ(2014年デイリー杯2歳ステークス) アドマイヤデウス(2015年日経新春杯、日経賞) クロスクリーガー(2015年兵庫チャンピオンシップ、レパードステークス)
  • イタリアではポピュラーな酒で、食後酒としてよく飲まれる。バールにも置かれている。グラッパは度数が高いためリキュールを作成する際にも使用される。またイタリア中部では、エスプレッソコーヒーに3杯 – 4杯の砂糖を入れてかき混ぜずに飲み、カップの底に砂糖が溜まっているのでそこにグラッパを注ぎ、飲むという変わった方法がある。
  • レッドブルは、豊富な資金力を背景に参戦した同じ年(2005年)に別のF1チームミナルディを買収し、2006年からスクーデリア・トロ・ロッソとして再スタートさせた。これにより、親チームのレッドブルと兄弟チームであるスクーデリア・アルファタウリ(旧トロ・ロッソ)という体制を構築し、レッ
  • (フロント・ヘッドライトはBZツーリング用に変更) AE111G 3代目スプリンターカリブ Zツーリング (リア) スプリンターカリブ ロッソ (フロント・写真はロッソと同型の欧州向けカローラワゴン) スプリンターカリブ ロッソ (リア・写真はロッソと同型の欧州向けカローラワゴン) スプリンター – 短距離走者に因む。 カリブ –
  • ポッカコーヒー (カテゴリ ポッカサッポロフード&ビバレッジ)
    糖の使用量を控えた微糖タイプ。金ベースの缶。 ポッカコーヒー エスプレッソ微糖 2020年9月発売。甘味料(アセスルファムK、スクラロース)の使用により砂糖の使用量を控えただけでなく、エスプレッソ抽出のコーヒーをブレンドしたエスプレッソ仕立ての微糖タイプ。銀ベースの缶。 ポッカコーヒー ブラック
  • サエコ(Saeco)は、イタリアのエスプレッソマシン専業メーカー。1981年にボローニャ近郊に設立された。 フィリップス傘下企業である。 1985年に世界初のフルオートマチックエスプレッソマシンを発売し、以後現在に至るまでヨーロッパNo.1のエスプレッソマシンメーカーとして市場を支配している。200
  • Slot(PDS)が1つある。これはMacintosh SEと互換性がない。エスプレッソデザイン言語を採用した最初の製品である。 Macintosh LC同様に、Color ClassicにApple IIeカード (Apple IIe Card) を差してAppe II用のディスプレイ (Apple II graphics#High-Resolution
  • レッグ(丁: Gløgg、諾: Gløgg)と呼ばれる。 赤ワインにオレンジピールやシナモン、クローブなどの香辛料、砂糖やシロップを加えて火にかけ温める。 カフェでは蒸気を使って瞬時に暖めるので、アルコールを飛ばさずに提供できる。これはエスプレッソ
  • エスプレッソを出す店(bar;バール)で働く人(ista)」という意味の言葉で、一般的に馴染みのあるバーテンダー(bartender:英語)「バー(bar)で働く人(tender)」と同じ語源の言葉。実態としては「バリスタ=エスプレッソ
  • 林曼婷、女子サッカー選手 7月10日 – エレナ・ルンガルディエル、スキージャンプ選手 7月11日 – キャロライン・ウォズニアッキ、テニスプレーヤー 7月11日 – エリカ・リッソー、フィギュアスケート選手 7月11日 – モナ・バルテル、プロテニス選手 7月12日 – 喜友名諒、空手家 7月12日 – チェイスン・シュリーブ、メジャーリーガー
  • この技を出して着地でスーパーキャンセルをかけることも可能であり、その後の攻防に幅を持たせることができる。 レスプレッソ / トルナード ガードブレイクまたはハードアタック技。短いダッシュからの飛び蹴りを放つ。技名の由来は「エスプレッソ」で、espressoに定冠詞lo(母音で始まる単語の前ではl’) がついたもの。
  • ラ・フォル・ジュルネの旅(2006年11月 – 、TBSラジオ) ロッテ カスタードケーキ チョコブレンド(1995年) キリンビバレッジ 午後の紅茶エスプレッソティー フィッツコーポレーション RISINGWAVE 伊藤園 W Coffee シックジャパン シックトリプルH 男性用剃刀(2003年)
  • トニー・レヴィン (カテゴリ イエス)
    エスプレッソが大好物。 『ワールド・ダイアリー』 – World Diary (1995年) 『ウォーターズ・オブ・エデン』 – Waters of Eden (2000年) 『ピーセズ・オブ・ザ・サン』 – Pieces of the Sun (2002年) 『ダブル・エスプレッソ』 – Double
  • ッソー ファルコン20を使った米国主要25都市への翌日配達サービスを開始。1978年の航空規制緩和法により、サービスエリアを急速に拡大した。 1989年、国際貨物航空会社フライング・タイガー・ラインを買収。1998年1月、RPS、ロバーツ・エクスプレス (Roberts Express)
  • 株式会社エイチ・アイ・エス(英: H.I.S. Co., Ltd.)は、旅行業法に基づく旅行業者である。 代表取締役会長兼社長(CEO)は澤田秀雄。 「ツーリズムを通じて、世界の人々の見識を高め、国籍・人種・文化・宗教などを超え、世界平和・相互理解の促進に貢献する」という企業理念のもと、海外旅行およ
  • (2015年5月22日). “楽しさと気持ちよさに溢れて、やめどきを見失う! 『Splatoon(スプラトゥーン)』プレイインプレッション”. ファミ通.com. KADOKAWA. 2015年6月27日閲覧。 ^ a b 『スプラトゥーン』移動式対戦ブース「イカス屋台」発売決定……なのか ! ? | インサイド
  • 2017年もオジュウチョウサンとのコンビで活躍し2年連続JRA賞最多勝利障害騎手を獲得する。 2022年5月14日、京都ハイジャンプをタガノエスプレッソで勝利し、白浜雄造の記録を抜いて歴代最多となるJRA障害重賞22勝目を挙げた。 漫画『LIAR GAME』の主人公の一人・秋山深一の名前は、騎手
  • という理由で支持を得られなかった。欧米市場では「プレビア」(Previa)、オセアニア市場では「タラゴ」(Tarago)として販売された。競合他車がV型6気筒エンジンを搭載する中で、エンジンパワーで劣りエンジンが座席の下にあるため振動・騒音が多く、エスティマは価格に比して静粛性、ひいては高級感に劣ると評された。
  • MUTEKIROU(ムテキロウ) – 室蘭市にある店舗 ホールステアーズカフェ 有楽ビル店 ホールステアーズカフェ パレード店 ホールステアーズ エスプレッソバーGIG High Grown Cafe (ハイ・グロウン・カフェ) 宮越屋珈琲 三越仙台店 宮越屋珈琲 町田店 宮越屋珈琲 日本橋店 宮越屋珈琲
  • シャルダンフレッシュ – 「フレッシュ&フレッシュ」(芳香剤)に継承 シャルダンポプリグラス – 上部にポプリを配したワイングラス型の液体タイプ(室内用)。上部ポプリカップには脱酸素剤「セキュール」(ニッソー樹脂製)がポプリとともに封入されており、開封までポ