ケンブリッジ大学

  • ケンブリッジ大学ケンブリッジだいがく、University of Cambridge)は、イギリスの大学都市ケンブリッジに所在する総合大学であり、イギリス伝統のカレッジ制を特徴とする世界屈指の名門大学である。中世に創設されて以来、英語圏では「オックスブリッジ
  • 「出版活動を通して、大学の理念である全世界における学問、知識、研究の促進を推し進めること」を使命として掲げている。これは、ケンブリッジ大学規約中の “Statute J” に規定されている。そして、「公益のため継続的に出版活動を行い、ケンブリッジという名前の評価を高めること」を目的としている。 ケンブリッジ大学
  • ケンブリッジ(Cambridge 発音例)は、イギリスのイングランド東部にあるケンブリッジシャーの州都である。ケンブリッジ大学の所在地であることから、大学都市として有名。現在[いつ?]では、シリコン・フェン(Silicon Fen)と呼ばれるイギリスにおけるハイテク産業の中心地の一つとなっている。
  • 大学院生が1万1813人で、160カ国・地域からの留学生が4割を占める。 「オックスブリッジ」として並び称されるケンブリッジ大学は、オックスフォードから多くの教師と学生が1209年にケンブリッジに移住した事件に端を発する。両校とも英語圏の古代大学、欧州内の中世大学群に属し、イギリス伝統のカレッジ
  • トリニティ・カレッジ (英: Trinity College) は、ケンブリッジ大学を構成するカレッジの一つ。ヘンリー8世によって1546年に創設された。2018年現在34人のノーベル賞受賞者や、フィールズ賞受賞者、アイザック・ニュートンなど数多くの著名人を輩出しているカレッジである。キングス・カレッジ
  • (UCLES))を通じて検定試験を行っている。 年間受験者数:500万人以上 使用国数:130カ国以上 ケンブリッジ大学英語検定機構と学校法人河合塾は2018年7月13日、一般財団法人 日本ケンブリッジ英語検定機構(Cambridge Assessment Japan Foundation)の設立を発表した。2019年度には、for
  • オックスフォード大学ケンブリッジ大学、ダブリ大学で文学学士号を取得した者は、大学の構成員として6年または7年の年功序列(学部時代を含む)を経た後、申請により文学修士号(Master of Arts、または Master in Arts、MA)に昇格することができる。
  • ケンブリッジ大学 > ジーザス・カレッジ (ケンブリッジ大学) ジーザス・カレッジ(Jesus College、正式名称: The College of the Blessed Virgin Mary, Saint John the Evangelist and the glorious Virgin
  • ケンブリッジ大学 > クライスツ・カレッジ (ケンブリッジ大学) クライスツ・カレッジ (Christ’s College) は1505年に設立されたイギリスのケンブリッジ大学のカレッジの一つ。 マーティン・エヴァンズ – 科学者、ノーベル生理学・医学賞者 コリン・デクスター – 作家 チャールズ・ダーウィン
  • ブラント、バージェス、ケアンクロスはケンブリッジ大学トリニティ・カレッジとキングズ・カレッジのエリート・サークルであるケンブリッジ使徒会(英語版)(アポスルズ)のメンバーだった。 ^ a b c d e ケンブリッジ五人組に関する注釈『ケンブリッジ・シックス』チャールズ・カミング、早川書房,
  • 大学の公式発表受賞者48名を上回る)輩出している。最も古く権威ある世界大学評価機関の英国Quacquarelli Symonds (QS) による世界大学ランキングでは、2013年以来2021年まで、ハーバード大学ケンブリッジ大学等を抑えて9年連続で世界第一位である。 同じくケンブリッジ
  • ケンブリッジ学派(Cambridge School)は、イギリスのケンブリッジ大学の学者からなる学派。 ケンブリッジ学派 (思想史)(英語版) – 20世紀後半のQ・スキナー、J・G・A・ポーコック、ジョン・ダンら。論点は西洋政治思想史の方法論。 →インテレクチュアル・ヒストリー ケンブリッジ分析学派
  • オックスフォード大学出版局(オックスフォードだいがくしゅっぱんきょく、英語:Oxford University Press、略称OUP)は、イングランドのオックスフォード大学の出版局を兼ねる出版社である。OUPは世界最大の大学出版局であり、アメリカの全ての大学出版局とケンブリッジ大学
  • キングス・カレッジ (英: King’s College) は、イングランドにあるケンブリッジ大学を構成するカレッジの一つ。正式名称はケンブリッジの聖母と聖ニコラスのキングス・カレッジ (The King’s College of our Lady and Saint Nicholas in Cambridge)
  • ケンブリッジ大学 > モードリン・カレッジ (ケンブリッジ大学) 座標: 北緯52度12分37秒 東経0度6分58秒 / 北緯52.21028度 東経0.11611度 / 52.21028; 0.11611 モードリン・カレッジ(Magdalene College)は、ケンブリッジ大学のカレッジ。1428年設立。
  • 「ダブリ大学」と「トリニティ・カレッジ」は通常、実用的な目的では同義語として扱われる。イングランドのオックスフォード大学ケンブリッジ大学を参考に設立され、いわゆる400年前のカレッジ制(米国のカレッジとは異なる)を採用した大学である。オックスフォードもケンブリッジも1つの大学
  • 大学の各カレッジはそれぞれの設立理念・教育研究方針に基づき、学生の入学審査・学校運営・教員採用などを独自に行っており、独自の学位を授与しているカレッジもある。この点一つの大学として扱われ、大学を構成する学寮としてカレッジを使用している英国の伝統大学(オックスフォード大学ケンブリッジ大学
  • Race)は、オックスフォード大学ボートクラブとケンブリッジ大学ボートクラブが毎年4月にイングランド・ロンドンのテムズ川で行うエイト (Eight) による対抗レガッタ定期戦ないし競漕大会。 第1回は1829年、テムズ川の上流にある小さな田舎町ヘンリー・オン・テムズで実施され、優勝はオックスフォード大学
  • ジェームズ・クラーク・マクスウェル (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    ケンブリッジで治療を受けるも11月5日に逝去した。 若きマクスウェル 史上初のカラー写真 マクスウェルの方程式の銘板(キングスカレッジ) マクスウェルの記念碑(エディンバラ) アルベルト・アインシュタインは1920年代にケンブリッジ大学
  • ジョン・メイナード・ケインズ (カテゴリ ケンブリッジ大学出身の人物)
    ケインズは、ケンブリッジ大学の経済学者であるジョン・ネヴィル・ケインズと母フローレンスとの間に1883年に生まれた。 ケインズは、名門パブリック・スクールであるイートン・カレッジを経て、1902年にケンブリッジ大学のキングス・カレッジに入学した。ケンブリッジ大学
  • Rock (ケンブリッジ大学出版局)、pp. 95–6. ^ S. Frith, “Pop music”, in S. Frith, W. Straw and J. Street共編著、The Cambridge Companion to Pop and Rock (ケンブリッジ大学出版局)、pp
  • スティーヴン・ホーキング (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    の年の権威あるアダムズ賞を受賞するという最高の栄誉をペンローズと共有した。 2018年3月14日、イギリス東部・ケンブリッジの自宅で死去した。76歳没。葬儀は3月31日、ケンブリッジ大学にあるキリスト教会で行われ、追悼式が6月15日ロンドンのウェストミンスター寺院で執り行われた。博士は火葬され遺灰
  • ケンブリッジ(英語:Cambridge、漢字:剣橋)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州東部に位置する都市。チャールズ川を隔ててボストンの対岸に位置する。市名のもととなったイギリスの同名の都市同様、全米を代表する大学都市であり、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学がキャンパスを構えている。人口は101
  • ケンブリッジ公爵夫人キャサリン(Catherine, Duchess of Cambridge、旧名: キャサリン・エリザベス・ミドルトン(Catherine Elizabeth Middleton)、1982年1月9日 – )は、イギリス王室のケンブリッジ
  • 菊池大麓 (カテゴリ ケンブリッジ大学出身の人物)
    蕃書調所(東京大学の前身)で英語を学び、1867年(慶応3年)と1870年(明治3年)の2度に渡り英国に留学した。2度目の留学ではケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジで数学と物理学を学び学位を取得した。ケンブリッジ大学を卒業した初めての日本人留学生となった。帰国後の1877年(明治10年)、東京大学
  • ンブルック・カレッジ (Pembroke College) はイギリスにあるケンブリッジ大学のカレッジの一つ。31のカレッジの中で3番目に歴史がある。 二代目ペンブルック伯エイマー・ド・ヴァランス(c. 1275年 – 1324年)の妻であったマリー・ド・シャティヨン(en)が夫の死後、1347年
  • アイザック・ニュートン (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    ケンブリッジ大学に対して干渉してくるという出来事があったが、その際に行われた1686年の法廷審理に大学側の全権代表グループの一員として参加し、毅然と干渉をはねのける発言をした。2年後の1688年には、庶民院議員(下院議員)に大学
  • ケンブリッジに住む聖職者で、バベッジは後に「何も得る物が無かった」と述べている。もう一人はオックスフォードの家庭教師で、ケンブリッジに入学できるだけの古典について学ぶことができた。 1810年10月、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
  • ケンブリッジ公ウィリアム王子(Prince William, Duke of Cambridge. KG, KT, ADC、全名: ウィリアム・アーサー・フィリップ・ルイ〈William Arthur Philip Louis、英語発音: [ˈwiljəm ˈɑːrθər ˈfilip ˈluːi]〉、1982年6月21日
  • 山中燁子 (カテゴリ 北海学園大学の教員)
    )は、日本の政治家、国際政治学教授。外務省世界津波の日特別大使。英国ケンブリッジ大学客員教授。自由民主党所属の元衆議院議員、元外務大臣政務官。旧姓野辺地(のべち)。北海道小樽市出身。夫は弁護士。 小樽緑陵高校及び津田塾大学卒業後、北海道大学経済学部助手、静修短期大学講師を経て、北海学園大学教授を務める。大学
  • ジョン・サルストン (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    2018年3月6日)は、イギリスの生物学者。ケンブリッジ大学の分子生物学研究所にて共同で研究をしていたシドニー・ブレナー及びロバート・ホロビッツと共に2002年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。 ケンブリッジ生まれ。ケンブリッジ大学ンブルック・カレッジで学び、1963年に卒業した。彼はケンブリッジ大学の化学部に入り、ヌクレオチドの化学的な研究を行い、Ph
  • オックスブリッジ(英語:Oxbridge)は、イギリスのオックスフォード大学(University of Oxford)とケンブリッジ大学(University of Cambridge)の併称。英国の大学に於いて双璧を成している。両校とも800年以上の歴史を持ち、ボローニャ大学、パリ大学、モンペリエ大学
  • ハーバード大学(英語: Harvard University)とは、アメリカ合衆国のマサチューセッツ州ボストン近郊のケンブリッジに位置する総合私立大学。 アイビー・リーグの中でも特に伝統のあるビッグスリーの1つで、イギリス植民地時代の1636年に設置されたアメリカ最古の大学である。各種の大学
  • 大学街全体がイギリスの原風景になっている。 ダラム大学は1832年に議員立法により設立された。ダラム大学はこの設立年を以て「イングランドに現存する教育機関においてオックスフォード大学ケンブリッジ大学に次ぎ、3番目に古い伝統を持つ大学」とされる。 ケンブリッジ大学やオックスフォード大学、ヨーク大学
  • グラスゴー大学(英語: The University of Glasgow、ラテン語: Universitas Glasguensis)は、英国, スコットランドのグラスゴー市に本部を置く国立大学である。1451年に設置された、英語圏で四番目に古い大学である。オックスフォード大学ケンブリッジ大学と共に古代大学群に属する。略称:
  • アマルティア・セン (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    カルカッタ・プレジデンシー大学(現在のコルカタ大学)の経済学部を卒業する。 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学ぶ。 1955年 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジを卒業する(B.A.)。 1956年~1958年 the Universities of Jadavpurdeで教鞭をとる。 1959年 ケンブリッジ大学
  • モーリス・ウィルクス (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    ブリッジの高校に通い、そこで化学の先生からアマチュア無線を教えてもらった。1931年から1934年までイギリスのケンブリッジのセント・ジョンズ・カレッジで数学を学び、1936年には電離層での長波の伝播についての研究で物理学の博士号を取得した。ケンブリッジ大学
  • 大学ケンブリッジ大学に続く第3位。メインキャンパスはロンドンで高級住宅街として知られるケンジントン・アンド・チェルシー区サウス・ケンジントンに位置し、周囲にはケンジントン宮殿、ロイヤル・アルバート・ホール、ハロッズ本店などがある。 医学部、工学部、理学部からなる理工系大学であり、学生数は学部生が約10
  • エマニュエル・カレッジ(Emmanuel College)は、ケンブリッジ大学を構成するカレッジの一つである。エリザベス1世治世下の財務大臣を務めたウォルター・マイルドメイ卿によって1584年に設立された。 エマニュエル・カレッジの卒業生・フェローのノーベル賞受賞者には、ロナルド・ノリッ
  • フレデリック・サンガー(Frederick Sanger, 1918年8月13日 – 2013年11月19日)は、イギリス・グロスターシャー州レンコム出身の生化学者。ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ卒業。後、同大学キングス・カレッジ教授。2013年現在、ノーベル化学賞を2度受賞した唯一の人
  • アーネスト・ラザフォード (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    a b 「現代化学史 原子・分子の化学の発展」p186 廣田襄 京都大学学術出版会 2013年10月5日初版第1刷 ^ 『ケンブリッジの天才科学者たち』p132 小山慶太 新潮選書 1995年11月10日発行 ^ 『ケンブリッジの天才科学者たち』p201 小山慶太 新潮選書 1995年11月10日発行
  • サイモン・ドナルドソン (カテゴリ ケンブリッジ大学出身の人物)
    ケンブリッジ生まれ。ケンブリッジ大学とオックスフォード大学で数学を学ぶ。プリンストン高等研究所、オックスフォード大学を経て、現在インペリアル・カレッジ・ロンドン教授。マイケル・アティヤとナイジェル・ヒッチンの弟子。 1982年に四次元ユークリッ
  • engineering を掲げる例に、ケンブリッジ大学の Information Engineering Division がある。 研究科では情報学研究科など。 ^ 情報工学科のねらい 慶應義塾大学 情報工学科 ^ 情報工学とは何か 大阪電気通信大学 情報工学科 ^ カリキュラム 芝浦工業大学 情報工学科 ^ http://museum
  • ウィリアム・トムソン (カテゴリ ケンブリッジ大学出身の人物)
    大学への入学を許可された。1841年からはケンブリッジ大学ピーターハウス・カレッジ(英語版)で学び、1845年に次席で卒業した。その後パリのルニョーのもとで学んだ。そして翌1846年に22歳の若さでグラスゴー大学の教授に就任し、イギリスの大学で初めて物理学の研究室を作った。 ケンブリッジ大学
  • 大学・京都大学・一橋大学・大阪大学など、世界中の大学との提携を実現させている。2006年1月には、UCLはヨーロッパ研究大学連盟 (LERU) の加盟校として招待されUCLはこれに合意した。イギリスでLERUに加盟を許可されている大学としては、オックスフォード大学ケンブリッジ大学・エディンバラ大学に続く4校目である。
  • フィリップ・ケンボール・ファイソン(Philip Kemball Fyson、1846年 – 1928年1月30日)は、英国聖公会宣教協会(CMS)から日本に派遣された宣教師である。 1848年にイギリスサフォーク州ブリー・セイント・エドモントで生まれる。ケンブリッジ大学クライスト・カレッジ
  • ッジ」と呼ばれている。 プリンストン大学、ライス大学、イェール大学などの大学では、オックスフォード大学ケンブリッジ大学に倣って、レジデンシャル・カレッジ(全寮制の大学)が設立されている。これらのレジデンシャル・カレッジは、オックスブリッジのカレッジとは異なり、ダラム大学
  • 大学となった。当時既に経済的にも知名度も上であったイングランドには、大学が2つ(オックスフォード大学ケンブリッジ大学)しか存在していなかった。18世紀なるまでにはデイヴィッド・ヒュームらの登場により、エディンバラ大学はヨーロッパ啓蒙時代を代表する大学として知られるようになる。
  • ジョン・ガードン (生物学者) (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    FRS, 1933年10月2日 – )は、イギリスの生物学者。専門は発生生物学。ケンブリッジ大学名誉教授。山中伸弥と2012年度ノーベル生理学・医学賞を共同授賞した。 サリー州ディッペンホール生まれ。名門イートン・カレッジ卒業。幼少期から昆虫に興味を抱き、イートン校では何千匹もの毛虫を蛾にふ化させ教
  • アーサー・ロイド (カテゴリ ケンブリッジ大学出身の人物)
    1911年10月27日)は、聖公会の宣教師。慶應義塾大学・東京帝国大学の英文学教授、立教学校(現在の立教大学)・立教学院の総理を務めた。 1852年、親の仕事の関係で、インドのシムラーに生まれる。1870年1月からケンブリッジ大学のセント・ジョンズ・カレッジで3学期間を過ごして、その後ピータハウスに所属。ケンブリッジ大学
  • オリバー・クロムウェル (カテゴリ ケンブリッジ大学出身の人物)
    1642年10月23日、エッジヒルの戦いでの敗戦直後、クロムウェルは従兄で議会軍の大佐ジョン・ハムデンに「酒場の給仕や職人の軍隊で上流人士の騎士たちと戦を続けることは難しい。これからは信者の軍をつくらなければならない」と語った。国王軍に対抗してノーフォーク・ケンブリッジシャーなど5州が連合した東部連合にクロムウェルは手勢1
  • ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    – 1951年4月29日)は、オーストリア・ウィーン出身の哲学者。イギリス・ケンブリッジ大学教授となり、イギリス国籍を得た。以後の言語哲学、分析哲学に強い影響を与えた。 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジのバートランド・ラッセルのもとで哲学を学ぶが、第一次世界大戦後に発表された初期の著作
  • チャールズ・ダーウィン (カテゴリ ケンブリッジ大学出身の人物)
    大学の博物学の授業は地質学の火成説と水成説論争などを含んでいたが退屈だった。また植物の分類を学び、当時ヨーロッパで最大のコレクションを誇ったエディンバラ大学博物館で研究を手伝った。 エディンバラ大学でいい結果を残せず、父はダーウィンを牧師とするために1827年にケンブリッジ大学クライスト・カレッジ
  • バークレー・バックストン (カテゴリ ケンブリッジ大学出身の人物)
    ストン。(新5ポンド札の左側の集会の中のめがねをかけた人物がトーマス・バックストン)。  1874年 ハーロー校に入学 1879年 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学。テニスやクリケットの選手としても活躍する。 1882年 D.L.ムーディーの集会で献身を決意する。 1884年
  • リチャード・ストーン (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    ストーンは1913年にイギリスのロンドンに生まれる。 ケンブリッジ大学で初め法律学を学ぶが、後に経済学に転向した。ケンブリッジ大学ではリチャード・カーンやジョン・ケインズらの指導を受け、1935年に経済学の学位を取得した。 ケンブリッジ大学卒業後の1936年から1940年までは、証券仲買会社で働く傍ら月刊統計誌で執筆活動を行った。
  • ケンブリッジ 飛鳥(ケンブリッジ あすか、1993年5月31日 – )は、日本の陸上競技選手。専門は短距離走。100mで10秒03、200mで20秒62の自己ベストを持つ。2016年リオデジャネイロオリンピック4×100mリレー銀メダリスト。 江東区立深川第三中学校、東京高等学校、日本大学
  • 大学では、何らかの事情により教師と学生が集団で他の都市に移住することがあり、それによってオックスフォード大学からケンブリッジ大学が、パリ大学からオルレアン大学が、ボローニャ大学からパドヴァ大学が生まれた。さらにローマ教皇によってトゥールーズ大学が、王権によってサラマンカ大学やナポリ大学
  • ジェームズ・マーリーズ (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    1957年 ケンブリッジ大学トリニティカレッジに進学する(数学と経済学を専攻)。 1963年 ケンブリッジ大学トリニティカレッジで博士(経済学)を取得する。 1968年 – 1995年 オックスフォード大学教授(経済学)となる。 1995年 – 2003年 ケンブリッジ大学教授(政治経済学)となる。 1996年 ノーベル経済学賞を受賞する。
  • キャンパス (大学キャンパスからのリダイレクト)
    大学図書館が美しいのではなく、無知を恥じ、お互いに切磋琢磨する学生仲間と教師が、大学のキャンパスの美しさを作り上げているのだ」という趣旨のことを語って、語り草となった。 欧米では数世紀の伝統を有するキャンパスがしばしば見られる。オックスフォード大学ケンブリッジ大学、ダラム大学などは、大学
  • アルフレッド・マーシャル (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    史学派の多大な影響を受け、むしろ経済ナショナリズムであり、新古典派と激しく対立していたドイツ歴史学派に近かった。ケンブリッジ大学教授を務め、ケンブリッジ学派と呼ばれる学派を形成し、同大学の経済学科の独立にも尽力した。主著は、『経済学原理』(”Principles of Economics”,
  • 炎のランナー (カテゴリ ケントで製作された映画作品)
    走ることによって栄光を勝ち取り真のイギリス人になろうとするユダヤ人のハロルド・エイブラハムスと、神のために走るスコットランド人牧師エリック・リデル、実在の二人のランナーを描いている。舞台は1919年、エイブラハムスが入学するケンブリッジ大学と、リデルが伝道活動をするスコットランド・エディンバラから、1924年パリオリンピックへと移ってゆく。
  • ケンブリッジ大学のキングス・コレッジ(同じくヘンリー6世が1441年に設立)に進学することとなる。イートン校設立の際、学生の半分と校長はウィンチェスター校(1382年創立)から招聘され、以後ウィンチェスター校を手本にイートン・コレッジは成長し、17世紀には有名校となった。
  • ブリ大学は、イギリスとアイルランドの7つの古代大学の1つである。アイルランド大学協会、アイルランド大学、コインブラ・グループ、ヨーロッパ研究大学連盟の加盟大学でもある。 ダブリ大学は、オックスフォード大学ケンブリッジ大学をモデルにしたカレッジ大学で、トリニティ・カレッジ
  • ジョン・ウィリアム・ストラット (第3代レイリー男爵) (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    た。1861年まで家庭教師から教育を受けたが、若いうちは病弱で、勉学はたびたび中断された。その後ケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジに入って数学を勉強した。1865年に卒業すると翌年トリニティ・カレッジのフェローとなり、結婚するまでその地位にあった。卒業後アメリカに旅行し、帰国後にターリング・プレ
  • リチャード・テイラー (数学者) (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    )はイギリスの数学者。プリンストン大学教授。 1984年ケンブリッジ大学卒業。1988年プリンストン大学でPh.D.取得(指導教授はアンドリュー・ワイルズ)。ケンブリッジ大学クレア・カレッジフェロー(1988年 – 1995年)、王立協会IHÉS交換留学フェロー(1988年 – 1989年)、ケンブリッジ大学助教授/講師(1989年
  • アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    ケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジに入学した。トリニティ・カレッジでは、数学の講義のみを受けたとされる。最初は学生として後には教師として、1910年までケンブリッジにとどまったが、1911年にロンドン大学に移籍し、1914年には同大学の理工学部(現在のインペリアル・カレッジ
  • ポール・ディラック (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    1984年10月20日)は、イギリスのブリストル生まれの理論物理学者である。量子力学及び量子電磁気学の分野で多くの貢献をした。1933年にエルヴィン・シュレーディンガーと共にノーベル物理学賞を受賞している。1932年からケンブリッジ大学のルーカス教授職を務め、最後の14年間をフロリダ州立大学の教授として過ごした。
  • 大学校など) カナダ 8校(マギル大学、トロント大学ブリティッシュコロンビア大学、オタワ大学など) その他 131校 日本 28校 北海道大学 東北大学 宇都宮大学 茨城大学 筑波大学 千葉大学 東京大学 一橋大学 東京工業大学 東京学芸大学 早稲田大学 慶応義塾大学 創価大学 神奈川大学 静岡大学
  • エマ・トンプソン (カテゴリ ケンブリッジ大学出身の人物)
    ーのパディントン出身。父親は俳優・舞台監督のエリック・トンプソン(英語版)、母親はスコットランド出身女優のフィリダ・ロウ(英語版)、妹も女優のソフィー・トンプソン(英語版)という芸能一家である。 ケンブリッジ大学ニューナム・カレッジで英文学を専攻。大学在学中に、スティーヴン・フライ、ヒュー・ローリ
  • 吉林大学 清華大学 北京大学 中国人民大学 中国政法大学 中央民族大学 北京師範大学 浙江大学 武漢大学 南開大学 南京大学 対外経済貿易大学 上海財経大学 上海大学文学院 華東師範大学中国語言文学系 中山大学 復旦大学 東北財経大学 四川大学 重慶大学人文社会科学高等研究院 香港 香港大学 香港中文大学
  • 7万人(2016年)が受験している。 ケンブリッジ英語検定(英語版)(Cambridge English Qualifications) イギリスのケンブリッジ大学英語検定機構が開発した英語検定。世界で年間250万人が受験している。 Linguaskill イギリスのケンブリッジ大学英語検定機構が開発した英語検定。日本ではビジネス向け英語検定
  • 天王星を発見した天文学者のウィリアム・ハーシェルの息子として、ウィンザー郊外のスラウで生まれる。イートン・カレッジを経てケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ(英語版)に入学し、1813年に卒業。1834年から1838年に帰国するまでの4年間、ケープ植民地(後の南アフリカ共和国)の
  • ロナルド・ノーリッシュ(ロナルド・ノリッシュ、Ronald George Wreyford Norrish、1897年11月9日 – 1978年6月7日)はイギリスの化学者。ケンブリッジで生まれ、同地のパース・スクールで学んだ。ケンブリッジ大学で学位と博士号を取得し、エマニュエル大学
  • ミノ酸の一つであるトリプトファンを発見した。 イングランド・サセックスのイーストボーンに生まれ、ロンドン大学、ガイズ病院医学部(キングス・カレッジ・ロンドン)で学んだ。1914年にケンブリッジ大学の生化学教授に就任し、神経化学の開拓者として知られる Juda Hirsch Quastel などを教えた。
  • アスコットゴールドカップ – ウィンクフィールド グランドナショナル – フリートレーダー ジョッケクルブ賞 – リオン オックスフォード・ケンブリッジ大学対抗レガッタ優勝:ケンブリッジ大学 ロンドン・ボート・クラブ結成 最初のラクロスチーム、モントリオールラクロスクラブ設立 5月6日 – ロバート・ピアリー(アメリカ、探検家、+1920年)
  • ケンブリッジ・ルールズ(英: Cambridge rules)は、1848年にイングランドケンブリッジ大学でH・デ・ウィントンおよびJ・C・スリング(英語版)を含む委員会によって初めて起草されたフットボール規則の一種である。ケンブリッジ・ルールズはゴールキック、スローイン、フォワードパスが許され、ボ
  • セントレジャーステークス – サンビーム その他主要レース アスコットゴールドカップ – フィッシャーマン グランドナショナル – リトルチャーリー ジョッケクルブ賞 – ヴァンチュールサングリ オックスフォード・ケンブリッジ大学対抗レガッタ優勝:ケンブリッジ大学 3月10日 – アメリカで全国野球人協会結成
  • 1791年に奨学金を受けてケンブリッジ大学ジーザス・カレッジに入学、ジョゼフ・プリーストリーなどの著作からユニテリアニズムに近づいた。借金と失恋のために、ロンドンに出て竜騎兵連隊に志願して入隊するが、ラテン語の落書きが元で除隊して4ヶ月後には大学に戻った。
  • レズリー・スティーヴン (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    健康が優れず、3度小学校を変えた。1848年、ロンドンのキングズ・カレッジに入学して歴史の講義を聴き、翌年ケンブリッジのトリニティ・ホールに入学し、1年で数学の奨学金を獲得した。1854年に数学の学位を取る一方、ケンブリッジ大学のフェローシップを獲得し、1855年に副牧師に任命されて1859年に牧師となった。
  • クレア・カレッジは、イギリスのケンブリッジにあるケンブリッジ大学を構成するカレッジの一つ。このカレッジは1326年にユニバーシティ・ホールとして設立され、ピーターハウス(英語版)に次ぐ2番目に古いカレッジとして健在している。 1338年にエリザベス・デ・クレア(英語版)からの寄付によりクレア・ホール
  • 大学評価機関QS世界大学ランキング2021では世界第2位(同ランキング東京大学24位、京都大学38位)、2021年THE世界大学ランキングで世界第2位、米国トムソン・ロイター世界大学ランキング2019では、世界第1位に評価されている。オックスフォード大学ケンブリッジ大学、ハーバード大学
  • 1829年、ケンブリッジ大学とオックスフォード大学のほぼ中間にあるテムズ川において、初めて両校対抗のレガッタによるボートレースが開催された。その際、ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジのボート部「レディ・マーガレット・ボート・クラブ」の漕ぎ手たちが、母校のカレッジカラーである燃えるような赤(blazing
  • ウィリアム・ティモシー・ガワーズ (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    – イギリスのウィルトシャーに生まれる 1990年 – ケンブリッジ大学で博士号を取得 1991年 – ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン講師に就任、王立協会フェロー選出 1995年 – ケンブリッジ大学講師に就任 1998年 – 同大学教授に就任 1996年 – ヨーロッパ数学者会議よりヨーロッパ数学会賞
  • の設計にも携わった。父はイギリス空軍大将(Air chief marshal)のジョン・アリソン卿。 アビングドンスクールとケンブリッジ大学で学ぶ。1991年にケンブリッジ大学を卒業後、ベネトン・フォーミュラのTWRの空力部門に加わる。 その後ラルースのロビン・ハードの空力責任者を経て1990年代半
  • ロビン・ミルナー (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    ケンブリッジにて没す。 イングランド、プリマス近郊のヤームプトン (Yealmpton) で軍人一家に生まれる。1947年、奨学金を得てイートン・カレッジに入学。その後英国王立工兵隊(英語版)に入隊し、少尉にまで昇進した。そしてキングス・カレッジ (ケンブリッジ大学
  • ワンダラーズ 2-1 オックスフォード大学 3月25日 – ケンブリッジ大学のトッズ、自転車で時速25.6kmの世界新 札幌農学校教師W・P・ブルックス、スケートを紹介。 ウィンブルドン 男子単優勝:スペンサー・ゴア(イギリス) ウィンブルドン選手権大会が創設された年。オールイングランド・クラブ委
  • – アメリカ大学フットボール協会結成。 12月 – 境川浪右エ門、横綱免許。 全英オープン優勝者:ボブ・マーティン(イギリス) FAカップ決勝 ワンダラーズ 1-1 オールド・イートニアンズ ワンダラーズ 3-0 オールド・イートニアンズ(再試合) オックスフォード・ケンブリッジ大学対抗レガッタ優勝:ケンブリッジ大学
  • アヴィバ (カテゴリ ケンブリッジシャーの企業)
    of Technology)とケンブリッジ大学ケンブリッジに設立したコンピュータセンター(CADCentre)を基盤に創立された。 2018年からはフランスの年間売上高3兆円以上、役職員17万人規模のシュナイダーエレクトリックグループが当社の株式を60%取得し、当フランスの大
  • 全英オープン優勝者:ムンゴ・パーク(英語版)(イギリス) FAカップ決勝 オックスフォード大学 2-0 ロイヤル・エンジニアーズ 2月23日 – C・ウィングフィールド、初めてローンテニスをはじめる オックスフォード・ケンブリッジ大学対抗レガッタ優勝:ケンブリッジ大学 ナショナル・アソシエーション優勝:ボストン・レッドストッキングス
  • ブライアン・ジョゼフソン (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    ケンブリッジに留まり、1964年に物理学の博士号を取得。1970年代にはトランセンデンタル・メディテーション(超越瞑想、TM)を学んでいる。 1962年、トリニティ・カレッジのフェローとなり、アメリカ合衆国に渡ってイリノイ大学の助教授となった。1967年にケンブリッジ大学
  • ケンブリッジ・プラトン学派(英: Cambridge platonism)は、17世紀のイギリスのケンブリッジ大学において展開された思想の一グループ。別名ケンブリッジ・プラトニズム。また、人物に観点を置いてケンブリッジ・プラトニストといった表現もある。ベンジャミン・ウィチカットを中心人物とし、ヘン
  • Lamb ベルモントステークス – Harry Bassett メルボルンカップ – The Pearl オックスフォード・ケンブリッジ大学対抗レガッタ優勝:ケンブリッジ大学 秋 – 横浜アマチュア・ローイングクラブ設立、秋に神戸レガッタアンドアスレチッククラブとのボートレースを実施 アメリカスカップ
  • オールド・イートニアンズ 1-0 クラッパム・ローバーズ イギリス・スケート協会設立 ウィンブルドン 男子単優勝:ジョン・ハートリー(イギリス) アイルランド・ハーリング協会設立 オックスフォード・ケンブリッジ大学対抗レガッタ優勝:ケンブリッジ大学 イギリスでメトロポリタン・ローイングクラブ結成 ナショナルリーグ優勝:プロビデンス・グレイズ
  • アブドゥッサラーム (カテゴリ ケンブリッジ大学の教員)
    District)のSantokdasという町で生れる。パンジャーブ大学で学んだ後、1946年に奨学金を得てケンブリッジ大学に留学し数学と物理学を学ぶ。1951年に物理学の学位を得て帰国したが、1954年から再び渡欧し、ケンブリッジ大学の講師、インペリアル・カレッジ・ロンドンの教授、ICTP(International
  • 4月17日 – 米ニューハンプシャー州ファーンバラで世界初のヘビー級ボクシングの選手権大会 オックスフォード・ケンブリッジ大学対抗レガッタ優勝:ケンブリッジ大学 12月10日(万延元年10月28日) – 嘉納治五郎(兵庫県、柔道、+1938年) 12月28日(万延元年11月17日) –
  • 物理学・化学に親しむ。21歳の時、ロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジで物理学の修士号を獲得。その後、物理学専攻でケンブリッジ大学キーズ校へ進学する。しかしながらキーズ校はクリックがケンブリッジの中で行きたいと思っていた所ではなかった。これは恐らくクリックのラテン語の成績があまり良くなかったためである。しぶしぶとPh
  • 遠藤乙彦 (カテゴリ ケンブリッジ大学出身の人物)
    衆議院議員(6期)、通商産業政務次官、財務副大臣、公明党幹事長代理、公明党特別顧問(外交・安全保障担当)などを歴任。 1969年 – 慶應義塾大学経済学部卒業、外務省入省。 1972年 – ケンブリッジ大学経済政治学部卒業。同時期、在イギリス大使館3等書記官を務める。 1980年 – インド大使館1等書記官に就任。 1982年
  • 田中銀之助 (カテゴリ ケンブリッジ大学出身の人物)
    学。1887年に留学準備のため横浜のビクトリア・パブリック・スクールに入学。(ここで後に共にラグビーを日本に伝えるエドワード・B・クラークと出会う) 1889年にイギリス留学。リーズ校を経て、1893年にケンブリッジ大学トリニティ・ホール・カレッジに入学。1896年6月に法学士の学位を取得後に日本
  • ヒュー・ローリー (カテゴリ ケンブリッジ大学出身の人物)
    ドラゴンスクール、名門男子全寮制パブリックスクールイートン校を経てケンブリッジ大学セルウィン・カレッジで考古学と人類学を専攻。 彼の父親は漕艇でオリンピックゴールドメダルを獲得したことがあり、彼自身も学生時代はボート競技に参加していた。1977年ボートのイギリスユースチーム、1980年にはケンブリッジ大学
  • 6月10日 – テムズ川でオックスフォード大学ケンブリッジ大学間初のボート・レースが行われ、オックスフォードが優勝。 9月29日 – イギリスの首都警察スコットランドヤードが発足。 アドリアノープル条約でギリシャの自治国としての独立が承認される。 イギリスでカトリック教徒解放令が成立。 1月9日 –