ペクチン

  • ペクチン (Pectin) とは、植物の細胞壁や中葉に含まれる複合多糖類で、ガラクツロン酸 (Galacturonic acid)が α-1,4-結合したポリガラクツロン酸が主成分である。ガラクツロン酸のカルボキシル基がメチルエステル (methyl ester) 化されたものをペクチン、メチルエステル化されていないものをペクチン酸
  • チンなど)、加熱すれば溶けたりゲルを作るもの(デンプン、グリコーゲン、アガロース、ペクチンなど)がある。 いずれも生物による生合成産物として得られ、構造多糖(植物細胞壁にあるセルロースやペクチン、節足動物・菌類の外骨格にあるキチン
  • ただし多くの場合、食品について使われ、主に、 ゲル化剤としてゼラチンを、あるいは他に寒天、ペクチンなどを使った菓子 肉・魚類や果実を煮込んでゼラチンペクチンを煮出した汁、あるいは、それを固めた食品 のいずれかを表す。 英名 jelly (ジェリー)はフランス語からの古い借用語。フランス語
  • デンプンはその構造によってアミロースとアミロペクチンに分けられる。アミロースは直鎖状の分子で、分子量が比較的小さい。アミロペクチンは枝分かれの多い分子で、分子量が比較的大きい。アミロースとアミロペクチンの性質は異なるが、デンプンの中には両者が共存している。デンプンの直鎖部
  • confiture)やコンフィテューレ(独: Konfitüre)ともいう。 果実や果汁に含まれているペクチンに糖類と酸が作用し、ゼリー状に柔らかく固まる作用を利用した加工食品。原料となる果物にペクチンが不足している場合、ペクチンを補うことでゼリー化させる。酸が不足している場合、商業生産の現場ではクエン酸、酒石酸、
  • アミロペクチン(amylopectin)は、多数のα-グルコース分子がグリコシド結合(α1-4結合及びα1-6結合)によって重合し、枝分かれの多い構造になった高分子である。枝分かれから枝分かれまでの長さは、グルコース約20個分である(平均でグルコース残基約25個に1個の割合で分枝構造をもつ。直鎖部分の長さは
  • 細胞壁を形成する物質は、植物ではセルロースで、これはグルコース(ブドウ糖)がいくつもつながって出来ている糖鎖である。他にも、リグニンやペクチンのようなものもある。細胞壁は、二重構造(一次壁・二次壁)になっていてたえず成長を繰り返している。細胞壁の主な役割は、防御(細胞膜から内側を守る)、
  • fiber)と不溶性食物繊維 (IDF : insoluble dietary fiber)に分けられる。粘性や発酵性で分類する場合もある。 水溶性食物繊維 ペクチン – 植物の細胞壁における細胞間接着物質であり、果物に多く含まれる グアー豆酵素分解物 – 増粘安定剤(食品添加物)として用いられる グルコマンナン
  • んせき)、圧搾することで製造されるジュースである。アップルジュースとも呼ばれる。圧搾で得られた果汁はさらに懸濁液中に微粒子として存在するデンプンとペクチンを取り除くため酵素による処理と遠心清澄され、ガラスや金属製の容器や無菌処理されたパックに詰めるために低温殺菌されたり、さらに濃縮処理されたりする。
  • ペクチナーゼ (pectinase) はペクチンを分解する触媒能を持つ酵素の総称。ポリガラクツロナーゼ、ペクチンリアーゼ、ペクチンエステラーゼ、ペクチンメチルエステラーゼなどがある。ペクチンは果汁の濁りの原因物質であるため、食品工業的には果汁を清澄化するために用いられている。こうした用途に用いる場
  • クチトールに還元され、これが蓄積すると白内障を引き起こす。 配糖体や糖鎖の構成成分として動植物に幅広く存在する。また一部の海藻類の細胞壁にはL体も存在する。 動物:人も含む後生動物のプロテオグリカン、ガングリオシド 陸上植物:細胞壁多糖(例:キシログルカン、ペクチン、アラビノガラクタン、ガラクト脂質)
  • 他の単糖とは異なり、自然界にD体よりもL体の方が多いという特徴を持つ。キシロース主鎖にα1,3結合したアラビノキシランの構成成分としてカラマツやイネ科植物等に多く含まれるほか、ペクチンにも含まれている。 L-アラビノースは、植物の細胞壁を構成するヘミセルロース などに豊富に存在し、米や小麦などの穀類の繊維質に特に多く存在する。 またアラビノース同士がα1
  • CH3OH}}} メタノール産生菌による発酵。 (目的としない副産物として)ワイン等の植物を原料とした酒の醸造の際における、細胞壁の主成分の一つとして含まれるペクチンの発酵 現代の工業製法はコスト面の事情により2.の製法で天然ガスからの製造が主流である。 化学用途 フェノール樹脂や接着剤、酢酸およびホルマリンの
  • アミロース (amylose) とは、多数のα-グルコース分子がグリコシド結合(α1→4結合)によって重合し、直鎖状になった高分子である。アミロペクチンと同じくデンプン分子であるが、形状の違いにより異なる性質を持っている。デンプンに含まれるアミロースは完全な直鎖ではなく、1分子あたり5 –
  • ペクチンと植物性糖タンパク質のムチレージである。ペクチンは、血糖値の上昇を抑制したり、便通をよくする作用がある。またムチレージは、脂肪や悪玉コレステロールの吸収を減らす効果をもっているといわれ、胃の粘膜保護、タンパク質の消化吸収を助ける働きがある。ペクチン
  • モチ性の品種のデンプンは調理時に強い粘性を生じるという特性を持つ。デンプンの成分の点で、もち米はほとんどがアミロペクチンのみとなっており、このアミロペクチンがもちの粘り成分であるため、もち米は蒸してつくと強く粘るのである。ただし、栄養学的には「うるち米」との差はほとんどない。
  • 主にオレンジ、夏ミカン、ユズ、グレープフルーツなどでつくられる。初めに実と皮を分け、皮は千切りにして水に浸す。実から果汁を絞り、皮と一緒に煮る。皮が柔らかくなったら砂糖を入れ、ペクチンの作用でゲル化するまでかき混ぜながら煮立てる。 パンに塗ることが多い。スペアリブのたれにマーマレードを加えるのも一般的である。
  • 体内に取り込まれたセシウムを体外に除去するための治療として、バンダジェフスキーは「粘土質を加えたペクチン製剤のペクトパルはもっとも有望な製剤のひとつである」と述べた。ペクチン製剤は種々あるが、ベラルーシで比較的普及しているビタペクト(アップルペクチンとビタミン類を含む製剤)の有効性について、2004年、妻のガリーナ・バン
  • 御、有益な物質の貯蔵や老廃タンパク質及び細胞小器官の消化等に関与する。 セルロース、ヘミセルロース、ペクチン、リグニンから構成される細胞壁は、細胞膜の外側のプロトプラストから分泌される。これは、キチンから構成される菌類の細胞壁やペプチドグリカンから構成される細菌の細胞壁とは対照的である。
  • (Fuc)、オリゴマンノース(Man)、およびガラクトース(Gal)からなるMan-Fuc-Galという配列で存在することが多い。 陸上植物では、ペクチン、キシログルカンに存在する。そのほか大根のように細胞外マトリックスのプロテオグリカンにフコースを含むものがあり、ヒトのO型血液と同様の免疫反応を示すことが知られている。
  • (amylase)とはジ(ヂ)アスターゼとも称される、膵液や唾液に含まれる消化酵素。グリコシド結合を加水分解することでデンプン(ラテン語”amylum”)中のアミロースやアミロペクチンを、単糖類であるブドウ糖や二糖類であるマルトースおよびオリゴ糖に変換する酵素群である。 アミラーゼは1833年、フランスの生化学者、アンセルム・ペイアン
  • 意味しない。果実等でBrix値が示されるときは、ほぼこの定義に基づいている。ジャムの糖度はBrix値が表示されているが、正確にはこのBrix値にはペクチンなども含まれ、可溶性固形分の含量を表す。ただし、日本農林規格に基づいてBrix値(Brix度)は糖度の表示とともに記載が認められる場合がある。
  • 愛玉子は植物の中でもとりわけペクチンの含有量が多いため、寒天などのように加熱することなく固まる珍しい特質がある。乾燥したひとつかみの種子を布袋に入れて水の中で5~6分から10分程度揉んでいると、果実をくるむペクチン質の部分が溶け出て水を吸ったゲル状に膨潤し、弾力性が出て
  • プルーンは食物繊維が豊富であり、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の双方をバランスよく含む。また、プルーンに含まれる水溶性食物繊維ペクチンは、善玉菌のエサとなり、腸内環境の改善や便秘の予防・改善に役立つ。 プルーンに含まれる炭水化物の大半は、食物繊維と「ソルビトール」であり、相乗効果
  • 砂糖、グレープフルーツ果汁、CPP(カゼインホスホペプチド)、乳酸カルシウム、香料、酸味料、塩化カルシウム、パントテン酸カルシウム、安定剤(ペクチン)、クエン酸鉄ナトリウム、酸化防止剤(ビタミンC)、カロチン色素 容量 – 200ml 外観 – ペットボトルに白色のプラスチックキャップ。ラベルは青、白、赤を使ったデザイン。
  • 成分は、天然由来の多糖類が用いられることがほとんど(後述)。澱粉や果実、藻類などから直接もしくは発酵する等の手法により抽出する。 ペクチン グアーガム(グァーガム) キサンタンガム タマリンドガム カラギーナン プロピレングリコール カルボキシメチルセルロース(CMC) 弁当の惣菜 ジャム
  • て三共株式会社に入社し、果汁と果実酒の清澄化に用いるペクチナーゼという菌類の酵素を発見して2年後に商業化に成功。1966年東北大学農学博士。論文の題は「Studies on pectolytic enzymes of molds(糸状菌のペクチン質分解酵素に関する研究) 」。
  • ン、ナリンギンなどのフラボノン、ビタミンA・B群・Cなどを含んでいる。果皮には、リモネン、シトラルなどを成分とする精油や、配糖体、カロチン、キサントフィル、ペクチン、脂肪油、フラボノイド、ビタミンA・B群・Cなどを含んでいる。ダイダイの精油には、ヒトの胃液の分泌を高める健胃作用があり、皮膚につけば
  • βヘリックスはペクチン酸リアーゼを構成するものが最初に発見された。これは7残基で1回転し、1回転当たり34Å進むものだった。またP22ファージは、13残基で1回転し、1回転当たり200Å進むβヘリックス構造を持つ。この内部には核がなく密に詰まっていて、疎水残基と荷電残基が塩橋によって中和されている。 ペクチン
  • ペクトリン(Spectrin)は細胞骨格のタンパク質で、五量体か六量体を作って多くの種類の細胞の細胞膜の内側に位置している。細胞の形を維持する足場として働き、細胞膜の構造を維持するのに重要な役割を果たしている。六量体型は、スペクトリンの四量体の両端にアクチンの短鎖がついている。このアクチン繊維は六角形の網目の結合部となっている。
  • て切り倒し、葉鞘を引き剥がす。残された根からは新しい植物が生長する。 葉鞘からは肉質などを除去し、繊維だけを取り出す。繊維はセルロース、リグニン、ペクチンなどで構成されており、長さは1.5-3.5mである。これをよりあわせるとロープができる。 フィリピンでは、1800年代からロープ用に栽培されており
  • 4.2.2.5 コンドロイチンACリアーゼ EC.4.2.2.6 オリゴガラクツロニドリアーゼ EC.4.2.2.7 ヘパリンリアーゼ EC.4.2.2.8 ヘパリン-硫酸リアーゼ EC.4.2.2.9 ペクチン酸ジサッカリドリアーゼ EC.4.2.2.10 ペクチンリアーゼ EC.4.2.2.11
  • く食べられているわけではない。多くの小鳥にとっては重要な食べ物で、種子の拡散に役立っている。 ヨーロッパでは、伝統的にジャムを作るのに用いられる。ペクチンの含量が多いため、加熱した後に冷やすと凝固する。南西アジア、特にイランでは、ジャム作りの他、料理にも用いられる。例えば、イランでは、干した果実がピ
  • 14、D体のCAS登録番号は [685-73-4]、L体は [108729-78-8]。 天然にはD体のみが存在し、重合体であるポリガラクツロン酸はペクチンの主成分として知られる。単独での生化学的な役割は知られていないが、多糖の構成成分として植物に広く存在する。ポリガラクツロン酸の酸加水分解またはポリガラクツロナーゼによる分解で得られる。
  • おいしく食べることができる。これは、追熟によって生じるエチレンの作用により果実に含まれるデンプンが分解されて果糖、ブドウ糖などの糖となるとともに、ペクチンのゲル化により、甘みと滑らかさが増加するため。なお、冷蔵庫などで10℃程度に冷却することにより、追熟を遅延することができる。
  • カリカリ梅(カリカリうめ)とは、梅を青梅の内に収穫し、カルシウムを使うことにより、果肉に含まれるペクチンペクチン酸カルシウムとなり水溶化して柔らかくなることを防いで、“カリカリ”とした食感を残すように漬け込んだ、調味梅漬けのこと。「カリカリ梅干」と間違えて呼ばれることがあるが、製造工程で日干しを
  • 粘液の分泌の際に必要な、ムコ多糖類の合成を行う。また、植物細胞においては細胞壁の形成に必要な多糖類であるセルロース、ヘミセルロースおよびペクチンの合成も行う。 神経細胞において、カテコールアミンの分泌に関与している。 細胞内外へと輸送されるタンパク質の選別は、主としてTGNにおいて行われる。
  • 日本に稲作が伝来した経緯については、稲作の項を参照のこと。 米粒は円形で中粒もしくは短粒の形状である。主成分であるデンプン中のアミロース含量がインディカに比べ低めでアミロペクチン含量が高めである。炊くと水分を多く含むため、ふんわりと柔らかく、つやが出る。独特の弾力と粘り気は、インディカ米にはない大きな特徴である。よく噛むことで甘みが増す。
  • キャッサバのでんぷんを丸めた「タピオカパール」を甘い汁で煮たもの。 珍珠(QQ) 台湾発祥。黒く大きなタピオカ。 愛玉子(アイギョクシ) 台湾特産の愛玉子(カンテンイタビ)のペクチンをゼリー状に固めたもの。無味のためレモンと砂糖で味をつけられる事が多い。 抜糸白薯、抜糸紅薯、抜糸地瓜 サツマイモを素揚げにして飴を絡めたもの。大学芋に似ているが、飴の量が多い。
  • は甘露煮を前提に加工用の種が主に栽培されている。また、いちじくの天ぷらもある。 果実には果糖、ブドウ糖、蛋白質、ビタミン類、カリウム、カルシウム、ペクチンなどが含まれている。クエン酸が少量含まれるが、糖分の方が多いので、甘い味がする。食物繊維は、不溶性と水溶性の両方が豊富に含まれている。
  • 収穫後に常温で10日から2週間程度追熟されることで初めて生食に適すものになる。追熟の間、果実に含まれるデンプンが分解されて果糖、ショ糖、ブドウ糖などの糖となることで甘味が増し、ペクチンのゲル化により舌触りの滑らかさが増す。一段と芳香が強くなり、赤ん坊の頬くらいの柔らかさになったときが食べごろである。冷蔵庫などで冷却することにより
  • (Amylose) と、他アミロースの分子が枝状に分かれてできた、ブドウ糖の数が数百から数万個もある分枝状分子のアミロペクチン (Amylopectin) とが固く結合してなる。このような状態をベータ (β) 化デンプンという。ベータ化デンプンの分枝状分子結合は極めて強い
  • ローゼル (チンバウンからのリダイレクト)
    チンバウン」とよばれ、葉を炒め物やスープにする。 ローゼルは、 花や果実(正確には肥大した萼と苞)をハーブティー、「ハイビスカス・ティー」に利用する。 ハイビスカス・ティーは赤く、クエン酸などの植物酸が豊富で酸味がある。さわやかな嗜好飲料として、ビタミンCやペクチン
  • 低アミロース米(ていアミロースまい)とは、通常のうるち米に比べてアミロースの含有量が少ない米である。アミロースは少ないがアミロペクチンが多いため、粘りが強く、冷めてもあまり食味が低下しないのが特徴である。なお、イネの胚乳の形質は「粳(うるち)」か「糯(もち)」で分類されるため、あくまでも「うるち米の
  • 高分子 (シンジオタクチックからのリダイレクト)
    クチック(アイソタクチック)といい、絶対配置が交互に並ぶものをシンジオタクチックという。また、全くランダムになった構造をアタクチックという。立体規則性はNMRを用いることで評価ができる。 チーグラー・ナッタ触媒によって合成されたポリプロピレンはイソタクチ
  • これら糖タンパク質、糖脂質は生体内で重要な生理作用を担う。 アミロースやアミロペクチン、グリコーゲンなどは、グルコースを多数結合させて、体内でのエネルギー源として保存しやすい形に蓄積したものといえる。またセルロースやキチンなどは丈夫な繊維になるため、動植物の体を構築する素材として重要である。糖タンパ
  • 生食するときは、シャキッとした食感が楽しめるようにするため、冷水に漬けてから使うのが一般的である。これは葉に含まれるムチンペクチンが、温まるとやわらかくなり、冷えるとかたくなる性質を利用したもので、葉が水分を吸うことで瑞々しさも回復する。しかし、水につけすぎると水溶性の栄
  • メロンと牛乳を用いた乳飲料。苦味を抑えるためメロンは加熱したものを用いる。 メロン(実)の主成分はショ糖、ブドウ糖、果糖などの糖類とカリウム。 果肉には、食物繊維のペクチンが多い。赤肉メロンの場合カロテンが多い。 また、スイカと同様に水分が多いウリ科の植物であり、体内の塩分(ナトリウム)を排泄させるカリウムが多く含ま
  • デンプンの性質 例えば小麦粉のデンプンの場合、グルコースはアミロースとアミロペクチンという2種類の分子構造から成っているが、これらは糊化(アルファ化)、老化(ベータ化)させた場合の性質が異なるため、アミロペクチンが多いデンプンほど、加工した時にモチモチした食感が期待でき、アミロースが多いデンプ
  • って重合し、枝分かれの非常に多い構造になった高分子である。動物における貯蔵多糖として知られ、動物デンプンとも呼ばれる。植物デンプンに含まれるアミロペクチンよりもはるかに分枝が多く、8~12残基に一回の分岐となる(糖合成はDNAに支配されないため)。直鎖部分の長さは12~18残基、分岐の先がさらに分岐
  • にタンクに静置される。浮遊した粒子はタンクの底に沈殿する。これは、ペクチン化合物を構成する長鎖有機化合物を分解するペクチン分解酵素の添加によって促進される。ペクチンにより果汁の粘度は高まるため、ペクチン分解酵素によって懸濁したペクチンをより短い鎖に切断し、粘度を低下させることによって沈殿を加速する。
  • α-グルカンであり、色素体内ではなく、細胞質基質内に貯蔵される。緑色植物のデンプンと同じくアミロースとアミロペクチンからなるものもいるが、多くはアミロースを欠き、特に紅藻デンプン (floridean starch) ともよばれる。アミロースやアミロペクチンをともに欠き、α-1,6結合の分枝がより多いグリコーゲンをもつものもいる。
  • 、CX(H2YOY)のように表す。炭水化物は燃焼によって、結合の持っている大きなエネルギーを取り出すことができる。 炭水化物には、デンプン、アミロペクチン、グリコーゲン、セルロースなどの多糖、グルコース、ガラクトース、フルクトース、リボースなどの単糖、マルトース、ラクトースなどの二糖等、様々な種類がある。
  • バクター属とポルフィロモナス属に属するものは通常糖分解性を有さない。いくつかのバクテロイデス属およびプレボテラ属はデンプン、セルロース、キシラン、ペクチンなどの複雑な多糖類を分解する可能性がある。バクテロイデス目は、また、菌特有のプロテアーゼによるタンパク質分解活性により、タンパク質代謝において重要
  • 栄養細胞は、ふつうセルロースやヘミセルロース、ペクチンを含む細胞壁で囲まれている。クロロキブス藻綱やクレブソウミディウム藻綱の細胞壁は、陸上植物やコレオケーテ藻綱にくらべてセルロースが少ない反面カロースが多く、またラムノガラクツロナン‐I (ペクチンの一成分) を欠く。クレブソウミディウム藻綱は、ホモガラクツロナン (ペクチンの一成分)
  • ムアルデヒドの使用について抜き取り検査を行ったところ、884サンプル中110サンプルの不合格のうち、22サンプルにホルムアルデヒドが検出された。 ペクチンを多く含む果実から作られた果実酒には、メタノールが含まれる。メタノールは体内でアルコール脱水素酵素で分解され、ホルムアルデヒドを生成する。
  • で電気技師として働いた。1920年9月にオランダ・ユトレヒトに移住。ペクチンを作る企業ポモジン工業の子会社オペクタ社のアムステルダム支社の監督者となったが、辞職して、アンネ・フランクの父オットー・フランクの起こしたオペクタ社(オペクタ社から商標権を受けていたポモジン工業の子会社ではない会社)に入社し
  • 業界があらゆる形のものを提供している。砂糖細工やペーストリーの装飾技術を駆使した繊細な作りのものもある。 よくあるゼリーの卵やジェリービーンズは、ペクチンのキャンディを砂糖でコーティングしたもの(糖衣)である。英語圏やドイツにはこれらの卵をイースター・バニーというウサギが隠すという伝承があり、復活祭
  • これらの器官は光合成に携わっている。端的に言えば、ラメラとは、クロロフィルを含む膜のペアであるとも言える。ラメラは、ポリガラクツロン酸(D-ガラクツロン酸)と炭水化物の混合物で構成されている。ポリガラクツロン酸はペクチンの主成分として知られる。このためポリガラクツロン酸はペクチナーゼに溶解される。
  • クチャーにこれらのニーズに応える機会を提供した。今世紀後半、フレデリック・ロー・オルムステッドは一連の公園を完成させ、今日もランドスケープ・アーキテクチャーの実践に大きな影響を与え続けていく。成果の中にニューヨークのセントラル・パーク、ニューヨーク ブルックリンのプロスペク
  • ドゥルセ・デ・レチェ (カテゴリ アルゼンチンの食文化)
    ペーストリー(焼き菓子)に用いるドゥルセ・デ・レチェは、上記の一般的ドゥルセ・デ・レチェと同じ規定を満たさなければならないが、安定剤、増粘安定剤、ペクチンは2.0%m/mまでなら用いることが許可されている。 容器に貼るラベルの “dulce de leche”
  • 、その結果としてより「でんぷん質な」味を有する。一方で、黄色のバナナは糖含量がより高いため、より甘い味がする。そのうえ、エチレンはペクチナーゼ(バナナの細胞間のペクチンを分解する酵素)を誘導し、これによって熟すにつれてバナナは柔らかくなる。 キャベンディッシュ種などのデザート用バナナは、皮を剥いて
  • 単位とする多糖の総称をグルカンと称する。 マルトース スクロース ラクトース セロビオース トレハロース シクロデキストリン グリコーゲン アミロペクチン アミロース デンプン セルロース キノボース(6-デオキシグルコース)キナの樹皮の配糖体 パラトース(3,6-デオキシグルコース)サルモネラ菌のリポ多糖
  • 2000 ccほどの液が採れる。 化粧水として用いるほか、民間薬としては飲み薬や塗り薬として用いられる。含有成分は、ヘチマサポニン、硝酸カリウム、ペクチン、タンパク質、糖分等である。カリウムイオンによる緩和な皮膚軟化作用と、わずかな量のサポニンによる浄化作用があり、またカリウムのアルカリ性とサポニン
  • シュードコリンエステラーゼ:基質特異性が広く、血清や肝臓に存在 ペクチンエステラーゼ(EC 3.1.1.11):フルーツジュースの清澄化 EC 3.1.2:チオールエステラーゼ チオエステラーゼ ユビキチンC末端ヒドロラーゼL1 EC 3.1.3:リン酸モノエステラーゼ ホスファターゼ(EC
  • カスミカメムシ科は植食性、肉食性の両方の性質を示す種が多いが、植物から栄養摂取するときにはしばしば成長点近辺の幼弱組織に口針を刺し、ペクチナーゼという酵素を含んだ唾液によって細胞同士を接着しているペクチンを加水分解する。そして、ばらばらに解離された細胞を吸い込む。そのため、摂食を受けた組織が成長して葉を展開すると、毛
  • 細胞壁は動物細胞以外の細胞、すなわち植物、真菌、細菌の細胞に存在するが、細胞壁を構成する成分は各々異なる。植物にはセルロース、ヘミセルロース、ペクチンが、菌類にはキチンが、細菌にはペプチドグリカンが含まれる。逆にマイコプラズマのように細胞壁を持たない細菌も存在する。 ^
  • るウインナー」「カレーでるウインナー」(現・「チーズでるソーセージ」「カレーでるソーセージ」)など)が同社のブランド名となって移管された。 なお、ペクチンなどの安定剤を扱う部門は『日商岩井株式会社』(現在の双日株式会社)の出資により『ユニテックフーズ株式会社』となり独立し現在に至っている。
  • ふくれる。雌花序が受粉すると内部に多数の果実が形成され径5 cmほどになり、熟すと花序の壁が破れて外に出、これは食用可能(アイギョクシではこれからペクチンを抽出して食用にする)。 乾燥させ表裏をひっくり返したオオイタビの変種、アイギョクシの果実 オオイタビの葉 ヤシの木の幹を覆う 花序の断面 オオイタビの果実
  • 蓄積している状態で果実の成熟がいったん休止し、その後ある程度の時間を置いてデンプンの分解によるグルコースやフルクトースの生成、細胞壁を接着しているペクチンの分解による果肉の軟化、誘引物質である芳香物質の生成などが起こる。この現象を後熟と呼び、種子散布動物に果実を一時に多量に供給するのではなく、時間を
  • 細胞皮質 (クチン皮質からのリダイレクト)
    一部の動物細胞では、タンパク質のスペクトリンが皮質に存在する場合がある。スペクトリンは、架橋アクチンフィラメントを通してネットワークを結合することに役立っている。スペクトリンとアクチンの比率は、その細胞の型によって異なる。スペクトリンのタンパク質とアクチン
  • ゴールデンアイ[英] アポロ13 マディソン郡の橋 バルト ペンギン物語〜きらきら石のゆくえ〜 ポカホンタス トイ・ストーリー ユージュアル・サスペクツ セブン ヒート ベストセラー ヨースタイン・ゴルデル 池田香代子訳『ソフィーの世界』 コンピュータゲーム 前年に日本で発売されたソニー・コンピュータエンタテインメント
  • ニホンコウジカビは多くの有用な酵素や代謝物を生産する。デンプンを分解するアミラーゼやたんぱく質を分解するプロテアーゼ(中性プロテアーゼ)を初めとしペクチン分解酵素・ペクチナーゼ、タンニン分解酵素・タンナーゼなども生産している。またグルコース(ブドウ糖)の重合体で分解しづらいセルロース、それより強固な結びつき
  • ヘキサメチレンテトラミン – ヘキサン – ヘキサン酸† – ヘキサン酸エチル† – ヘキスト・ワッカー法† – ヘキソーゲン† – ヘキソース† – ペクチン – アントワーヌ・シーザー・ベクレル† – アントワーヌ・セザール・ベクレル – ベゲタミンA/B† – ジェルマン・アンリ・ヘス – ヘス猛度試験
  • 68)は、グリコーゲンやアミロペクチン、デキストリンの側鎖の(1->6)-α-D-グリコシド結合を加水分解する反応を触媒する酵素である。系統名は、グリコーゲン 6-α-D-グルカノヒドロラーゼ(glycogen 6-alpha-D-glucanohydrolase)である。この酵素は、アミロペクチンも容易に分解することができる。
  • ˈɑːɡər])と呼ぶ。 乾燥寒天を冷水に浸し沸騰させて炭水化物鎖を溶かし、他の物質を加えて漉し、38℃以下に冷ますことによって固める。寒天はゼラチンよりも低い、1%以下の濃度でもゲル化が起こる。一度固まった寒天ゲルは85℃以上にならないと溶けないため、温度変化に強く口の中でとろけることがない。
  • 人分。イチゴ、モモなどの果実風味が中心である。 作り方は、常温のフルーチェ1袋に冷えた牛乳を加え、とろみが出るまでかき混ぜる。フルーチェに含まれるペクチンと牛乳中のカルシウム分とのゲル化反応により固まるため、カルシウムの含有量が少ない成分無調整豆乳では固まらない。牛乳と同程度のカルシウムを含む豆乳で
  • ペクチン (pectin) の分解が抑制された遺伝子組換えトマトが開発された。また、ペクチンの分解は果実が熟するときに誘導されるため、ペクチンの分解抑制ではなく熟期を遅らせることで柔らかくならないようにされたトマトやメロンも開発された。それらの手法は3種類知られている。 ペクチンを分解する酵素ポリガラクチュロナーゼの生産抑制
  • 果が知られ、料理に加えたり、トマトソースにするなどの調味料的な使われ方のほうが多い。 トマトに含まれる酸味成分のクエン酸・酒石酸や、食物繊維の一種ペクチンは、肉や魚介の臭みを和らげ、料理の味を爽やかにする効果がある。加熱すると旨味成分のグルタミン酸の働きによって特有の旨味が引き出され、グルタミン酸と
  • まかに機械的に取り除いた後、発酵槽と呼ばれる水槽に1日から2日つけられる。この過程で、果肉と発酵槽に生息する水中微生物の持つペクチン分解酵素の働きにより種子を取り囲むペクチン層が分解される。水洗いして乾燥させた後、精製工場に出荷され、そこで内果皮を機械により取り除いてコーヒー豆とする。内果皮を取り
  • Sheinkopf師は、ゼラチン、カルミン酸色素、キトニーヨートへのカーシェールの適用について、徹底した研究を行っている。  カーシェールでないゼラチンを避ける主な方法はゼラチンの代用品を使用することである。同様な化学的性質を示す代用品として、タピオカ(キャッサバから作られるデンプン)、化学変性されたペクチン