犬歯

  • 犬歯(けんし、Canine tooth)は側切歯の遠心側に隣接する歯。上下顎それぞれに一対(計四本)ある。食物を捕らえ、切り裂くための歯である。ヒトの場合、前歯部を構成する歯の一つである。 犬で良く発達しているため、犬歯と言うがそのほか、槍のようにとがっていることから尖頭歯ともいう。また、裁縫の際に
  • 上顎犬歯(じょうがく けんし、英語: maxillary canine)は、上顎歯列で側切歯の遠心側に隣接する歯のこと。 正中から3番目にあることから「上顎第三歯」、略して「上顎三番」とも言う。 近心側隣接歯は上顎側切歯、遠心側隣接歯は上顎第一小臼歯、対合歯は下顎犬歯と下顎第一小臼歯である。
  • 哺乳類の牙は、長く強大に発達した犬歯または切歯(門歯)である。具体的な例は以下のとおり。 陸生食肉目(イヌ科、ネコ科など) – 両顎犬歯。より発達しているのは上顎犬歯。 イノシシ – 両顎犬歯。外部から目立つのは上顎犬歯だが、咬耗により下顎犬歯の方が鋭い。 バビルサ – 両顎犬歯。雄の上顎犬歯は顔面の組織を貫き体外に出る。
  • 下顎犬歯(かがくけんし、mandibular canine)は下顎側切歯の遠心にある歯。近心側隣接歯は下顎側切歯、遠心側隣接歯は下顎第一小臼歯、対合歯は上顎側切歯と上顎犬歯である。 日本では一般的に、左側下顎犬歯を左下3番(表記は┌の中に3を入れた物)、右側下顎犬歯
  • 口角挙筋 (犬歯からのリダイレクト)
    oris)は人間の頭部の浅頭筋のうち、口唇周囲にかけての口筋のなかで口角を上方にあげる筋肉である。筋肉の一方が皮膚で終わっている皮筋である。別名、犬歯筋。 人間において、口角挙筋の起始は上顎骨前面の犬歯窩より起こる。 上頬小帯の動きに関係する。 Left maxilla. Outer surface. ^ a b 原著 森於菟
  • 数は上顎側に並ぶ上顎歯列弓の10歯、下顎側に並ぶ下顎歯列弓の10歯の総20歯である。人間の乳歯は大きく乳切歯、乳犬歯、乳臼歯の3歯種に分けることができる。前方から乳中切歯、乳側切歯、乳犬歯、第一乳臼歯、第二乳臼歯の順に並ぶ。乳歯は永久歯と比べてエナメル質と象牙質の厚みが薄く柔らかい。全体的に歯は小さ
  • 犬歯がサーベル状となったグループである。おそらく単系統であり、マカイロドゥス亜科 Machairodontinae として分類される。サーベルタイガーとも。 肩高は約1mから1.2m。体長は1.9~2.1m。体重は270kg。独自に発達した上顎犬歯
  • の切歯によって食物をかみ切ることに適応している。一方、ネコやイヌのような肉食性の動物では、切歯が小さく、かみ切る力は比較的弱く、肉をかみ切るには主に犬歯や裂肉歯を使う。かれらはこの小さな切歯を毛繕いに用いている。ゾウの牙は、上顎切歯が変化したものである。ネズミ目の切歯は生涯成長し続け、物を齧る事で磨り減っていく。
  • 頭部は大型だが、眼や耳介は小型で耳介は丸みを帯びる。顎が発達している。門歯は特殊化しておらず、犬歯は長く、上顎第4小臼歯および下顎第1大臼歯(裂肉歯)が発達せず、大臼歯は幅広く丸みを帯びた歯尖で物を噛み砕くことに適している。歯式は門歯上顎6本(ナマケグマは4本)・下顎6本、犬歯上下2本ずつ・小臼歯上下4 – 8本ずつで個体変異があり、大臼歯上顎4本・下顎6本の計34
  • 犬歯を持つ。この犬歯の断面形状は楕円であり、後縁は薄く鋸歯状になっていた。これは強度と鋭利さを兼ね備えた構造であり、獲物にこれを食い込ませる際の抵抗は小さくなっている。また下顎は120度まで開き、犬歯を効率よく獲物に打ち込むことができた。しかし、この犬歯
  • キノドン類 (犬歯からのリダイレクト)
    キノドン類(キノドンるい、Cynodontia)あるいは犬歯類 (けんしるい) は、獣歯類に属する脊椎動物の一群である。 語源は「犬(cyn-)の歯(odont-)」。 キノドン類は絶滅したゴルゴノプス亜目およびテロケファルス亜目とともに、獣歯類というクレードに分類される。その起源は古生代ペルム紀後
  • 犬歯と大臼歯の間にある歯。人間では二対(八本)の歯を持ち、それぞれ近心側から第一小臼歯、第二小臼歯という。それらは通常、二つの咬頭を持ち、頬側の咬頭が大きい。これは特に下顎第一小臼歯で顕著である。下顎第二小臼歯は時には舌側に二咬頭を持つこともある。 定義上、小臼歯は犬歯
  • があり、化石種についてもホモ・サピエンス以外のものに関しては現在でも議論が繰り返されている状態にある。共通している特徴としては、直立歩行できること、犬歯の短小化が起きていること、尾が退化していること、などがある。 ^ a b c d e f g h i j 『岩波 哲学思想事典』p.858 【人類】阪上孝
  • の筋肉が発達して自由に開閉することができ、水中での浸水を防ぐことができる。下顎の犬歯は50センチメートルに達することもあり、下顎2本の重量はオス2.1キログラム、メス1.1キログラムに達することもある。闘争時にはこの犬歯が強力な武器となる。第3・4指の間が膜で繋がり水かき状になる。
  • 元来の古代中国語からの用法では、「歯」字と使い分ける場合、「歯」が前歯(門歯)、「牙」が奥歯(臼歯)であるが、現代日本の用法では「歯」字を歯の総称とし、「牙」字を犬歯や動物の牙のような尖った形状としている。 また字音でも中古音の子音において「歯」は歯音、「牙」は牙音であった。
  • 歯の種類によって根の本数も決まっている。ただし稀に例外も存在する。以下は人間の歯における例である。 乳切歯及び乳犬歯の根は1本である。乳臼歯の根は下顎は2本、上顎は3本が普通である。 切歯及び犬歯の根は1本である。小臼歯の根は1本であることが多いが稀に2本存在することがある。大臼歯の根は下顎は2本、上顎
  • (夜にネコの眼に光が当たると光るのはこのため)。 歯列は門歯が上下6本、犬歯が上下2本、小臼歯が上顎6本・下顎4本、大臼歯が上下2本と計30本の種が多い(オオヤマネコ類・マヌルネコなどは上顎の小臼歯が4本のため計28本)。犬歯は大型で(ウンピョウで顕著)、獲物に噛みつき仕留めるのに適している。食物
  • る亜目としてSupramyomorphaが提唱された。 齧歯目の動物は、物をかじるのに適した歯と顎を持ち、上顎・下顎の両方に伸び続ける2つの門歯と、犬歯を持たないことが特徴である。この門歯は物をかじることで次第に削れてゆき、長さを保っている。漢語名齧歯目、および学名「Rodentia」はラテン語で「
  • 歯 上下の顎とも犬歯によって切歯と臼歯が明確に区切られ、歯式は肉食への適応を示している。初期のグループは肉食性であったが、三畳紀においていくつかのグループは二次的に草食に適応した。とりわけ強肉食性の種は、その多くが剣歯虎に見られるようなサーベル状の鋭い犬歯を発達させていた。 下顎
  • マカイロドゥス亜科は2つのタイプ、ダーク型犬歯グループとシミター型犬歯グループに分けられる。ダーク型犬歯グループは細く伸張した上顎犬歯を持ち、一般的にがっしりした体型をしている。シミター型犬歯グループは幅広く短い上顎犬歯と、おおむね小型の体と長い四肢を持っている。長い犬歯
  • premolar)は下顎犬歯の遠心にある歯。近心側隣接歯は下顎犬歯、遠心側隣接歯は下顎第二小臼歯、対合歯は上顎犬歯と上顎第一小臼歯である。 この歯の機能は、咀嚼において食物を引き裂くことであり、犬歯の機能と類似している。二咬頭を持ち、頬側が大きく鋭い。舌側咬頭は小さく、非機能咬頭であるので、小さな犬歯のようでもある。
  • また、長らく他の大陸から孤立していた南米大陸には巨大な犬歯を持った肉食有袋類のティラコスミルスが生息していた。しかし地殻変動によって北米大陸と繋がると、北米に生息していた同じく巨大な犬歯を持つ肉食有胎盤類のスミロドン(サーベルタイガー)が南米に流入し、生存競争に敗れて300万年ほど前に絶滅した。
  • 言う。智歯についで退化傾向が強く、円錐歯となったり、先天的な欠損となることも珍しくない。近心側隣接歯は上顎中切歯、遠心側隣接歯は上顎犬歯、対合歯は下顎側切歯と下顎犬歯である。歯冠が完成するのは四~五歳時で、八~九歳で萌出、歯根完成は十~十一歳の時である。 盲孔
  • 末期および中生代三畳紀初期において成功した絶滅生物群。その名「ディキノドン(古代ギリシア語: δύο “2”、古代ギリシア語: κυνόδους “犬歯、牙”、二本の牙)」の通り、口吻部から突き出た二本の牙が外観上の大きな特徴である。リチャード・オーウェンにより名付けられた。
  • 無い。ウシやヒツジなどよりも脳函は大きい。吻の伸長とともに歯列も長くなっているが、イノシシ科は犬歯などに独特の形態を持つ。上下の犬歯は牙状に伸長しつつ、互いに噛み合う事無く顎の外側へと湾曲していく。上顎犬歯は更に上方へと伸び上がるが、中にはバビルサの様に鼻上の皮膚を突き破って眉間の側へ巻き上がってい
  • れた化石の最大では推定150kgと小型のライオンやトラに匹敵した。頭骨は長く、厚みがある構造である。歯数は28本。上顎にはサーベル状、下顎には釘状の犬歯を持つ。この特徴はスミロドンに似た特徴である。同様にこの牙を獲物に打ち込むために顎は120度まで大きく開き、頸椎には筋肉の付着点が発達していた。また
  • を付けて使用していた形跡が認められず、直立二足歩行を行うことができていた。歯の構造から見て、硬いサバンナ系の植物などを口にするようには適応しておらず犬歯は小さく退化している。生息環境はジャングルとサバンナのような地形が入り混じっていたと推測されている。 カダバ猿人ともいう。約580万- 約520万年前(中新世末期[メッシニアン中期]-
  • インドネシア東部、オーストラリア、パプアニューギニア ウォンバット科・コアラ科(ウォンバット型亜目)を除いて尾は長い。下顎の切歯(門歯)は左右に1本ずつ(2本)。下顎に犬歯はない。後肢の第2趾と第3趾が癒合する。樹上棲の種では第1趾に爪がなく、癒合指と対向し枝を掴むのに適している。育児嚢は発達する。
  • 犬歯を持つが、ディキノドン下目とは別個に進化した特徴であると思われる。またドロマサウルス下目は、前顎骨の歯が消失し、骨性二次口蓋が形成され始めている。だが、犬歯の大型化は未だ見られない。 次いで現れたのが、ディキノドン下目である。このグループから、犬歯
  • ョンでは、咬頭嵌合している場合には臼歯が前歯にかかる力を抑制し、偏心運動時には前歯(犬歯)によって臼歯が離開して保護するという、相互に影響し合う咬合様式となる。 この咬合様式を受けて、1958年にダミコが犬歯誘導咬合を提唱した。現在では、犬歯誘導咬合と同意である場合が多いと言われる。 歯学 咬合学
  • 肉の一方が皮膚で終わっている皮筋である。 人間において、鼻筋の起始は2つあり、鼻筋横部では上顎骨前面梨状口外側縁に沿った鼻翼相当部であり、鼻筋翼部では上顎骨歯槽突起部の犬歯歯槽隆起部より起こる。 鼻筋の位置。赤色で示す 頭部の筋。鼻筋を濃い赤色で示す 鼻筋 顔 解剖学(口腔解剖学)/人間の筋肉の一覧
  • ゴルゴノプス亜目の特徴としてはまず第一に、大型のものでは20センチメートル近くになるその長大な犬歯が挙げられる。この犬歯を納めるために吻部は上下に高さがあるが、それでも大半の属の上顎犬歯は下顎下端近くまで達し、また一部の属では下顎から先が飛び出してしまっている。これを効率的に獲物に打ち込む
  • 発見地:スワネージ、ドーセット(イングランド) ヘテロドントサウルス科。二足歩行の草食恐竜で全長60センチメートル前後。多くの鳥盤類と異なり、上顎に1本か2本の犬歯のような歯を持っていた。 装盾亜目 Thyreophora ヒラエオサウルス Hylaeosaurus パラントドン Paranthodon
  • 縄文抜歯の型式・系統に関しては、成人式の「基本型」として、上の2本の門歯(=切歯)が抜かれ(後述書 p.19)、その後、下の門歯4本を抜く「門歯(切歯)系」と下の犬歯2本を抜く「犬歯系」の2系列に別れ、前者は自村出身者において行われ、後者は他村出身者に見られ(同書 p.19)、さらに初婚時の「単純型」と再婚時の「複雑型」に分類される(『別冊歴史読本
  • 上顎の門歯がなく、下顎の犬歯は門歯と類似した形状となり繋がる。小臼歯の歯冠は鋭い。これは食物をすりつぶすのではなく、切断に適した構造をしている。舌は長い。胃は腹腔内の4分の3を占めるほど大型で、3室(第1・第2・第4室)に分かれる。他の反芻動物における第3室を欠くが、ミズマメジカは痕跡的に第3室がある。 オスは上顎の犬歯
  • レーションのための構造を発達させるものも多い。 その武器的な身体的特徴の主な例として、哺乳類だとゾウやセイウチ、ヒヒなど多くの種で見られる鋭く大きな犬歯、シカやウシの仲間などに見られる角、鳥類だとニワトリのようなキジ目に見られる蹴爪、昆虫ではヘリカメムシ類の脚の棘、カブトムシをはじめとするコガネムシの仲間の角や顎などがある。
  • 上顎第一小臼歯(じょうがくだいいちしょうきゅうし、英語: maxillary first premolar)は上顎歯列で犬歯の遠心側に隣接する歯のこと。正中から四番目にあることから上顎4番とも言う。近心側隣接歯は上顎犬歯、遠心側隣接歯は上顎第二小臼歯、対合歯は下顎第一小臼歯と下顎第二小臼歯である。歯冠が完成するのは五~
  • また動体視力はある程度優れており、動くものに対して反応を示す。毛色は様々である。犬歯が発達しており、歯の本数は上下で36本である。内訳は(上顎:前歯6本、犬歯2本、小さな奥歯6本、大きな奥歯2本)、(下顎:前歯6本、犬歯2本、小さな奥歯8本、大きな奥歯2本)である。体温は38 ℃で人間より高い、また体温調整機能が未発達なため、40
  • 叩きのめすと、呪いの言葉とともにクビにする。 両親の結婚記念日を祝った夜、長女はかねてより両親から言われていた「犬歯が生え変わったら外の世界に出られる」との言葉を信じ、嬉々として自ら犬歯を折ると、父親の車のトランクに隠れる。長女の姿が消えたことで慌てた家族だったが、諦めた父親は翌朝、長女がトランク
  • に従う。属和名は川田ら (2021) に従う。 フィリピンメガネザル属 Carlito – フィリピンに分布。耳は短い(3センチメートル未満)。上顎の犬歯は大型。乳頭数は2対。染色体数は2n = 80。メスとその幼獣より、大きな群れは形成しない。 Carlito syrichta フィリピンメガネザル
  • のの、ペルム紀の終わりを待たずに何らかの環境変化で衰退し絶滅している。 異歯亜目は、「異常な歯」の名の通り、上顎に発達した一対の犬歯しか持たないディキノドン類(二本の犬歯の意)を含むグループである。かれらは初期に昆虫食のものはいたものの、ほぼ全て植物食のグループである。初期はディノケファルス類の陰
  • 衰退していく盤竜類たちを駆逐していった。 ビアルモスクス類は祖先の盤竜類に近い特徴、体型を色濃く残したグループで、ほとんどが肉食である。捕食に用いる犬歯が大型化するなど、既にこのグループから獣弓類の異歯性が顕著になる傾向がみてとれる。又、祖先の盤竜類が爬行していたのに対し、四肢が半直立に近づくなどよ
  • 八重歯(やえば)とは、歯牙が叢生(そうせい)した状態のこと。特に上顎犬歯の低位唇側転位を指す通俗的表現。「押歯」「添歯」「鬼歯」ともいう。 顎骨の劣成長や乳歯の脱落遅延などによって生じる現象であり、永久歯が正常に萌出するためのスペースが確保できない場合に発生する。また、先天的な歯冠幅や骨格によっても左右される。
  • 頭部は長い。頭部には1本のみ30 – 60センチメートルの角がある。種小名unicornisは「1つの角がある」の意。下顎の犬歯が発達する。 出産直後の幼獣は体長96.5 – 122センチメートル、肩高56 – 67センチメートル、体重40 – 81キログラム。
  • オナガザル科(オナガザルか、Cercopithecidae)は、霊長目に分類される科。別名旧世界ザル、狭鼻猿。 歯列は門歯が上下4本、犬歯が上下2本、小臼歯が上下4本、大臼歯が上下6本の計32本。大臼歯には咬頭が4つあり、前方の咬頭と後方の咬頭が側面で繋がり稜歯となる。臀部に角質部(尻だこ)がある。
  • によっては食糞によって栄養補給するものもいる。ウサギ目の他の動物と同様、ナキウサギは切歯をもつが犬歯を欠き、また、臼歯の数は狭義のウサギ類より少ない。歯式は 2.0.3.2/1.0.2.3 (切歯、犬歯、小臼歯、大臼歯)となる。 岩地で暮らすナキウサギは、1度に5頭までの子しか産まないが、巣穴を掘
  • 3キログラム。全身は、粗く長い体毛で被われる。全身は黒い。 耳介は大型。歯列は門歯が上下2本、犬歯がなく、小臼歯が上顎のみ2本、大臼歯が上下6本の計18本(犬歯がないので齧歯類のように門歯と臼歯の間が離れている。ただし乳歯の時は犬歯もある。)。門歯は伸び続ける。指は細長く、特に第3指(中指)で顕著。第3指が長い
  • ecaudatusは「尾のない」の意。 口は大きい。歯列は門歯上顎4本、下顎6本、犬歯上下2本ずつ、小臼歯上下3本ずつ、大臼歯上下3本ずつ。 オスの犬歯は1.5cmと長く、上顎犬歯前部に窪みがあり下顎の犬歯を納めることができる。乳首の数は29で、哺乳綱では最も多い。幼獣は棘状の体毛が生え、黒と
  • ンゴの密生した熱帯雨林に、それぞれ分布する。一見すると両種は大きく異なっているが、いくつかの共通点をもつ。どちらの種も、暗色の長い舌、特殊な形をした犬歯、皮膚でおおわれた角(オシコーン(en))を有している。 キリン科に近縁な動物グループとして、同じ反芻亜目に属する各科があり、ウシ、ヤギ、ヒツジ、レイヨウ類などが含まれる。
  • 頭骨は既に哺乳類的な特徴(骨同士の可動性が低くなっている点など)を備えつつあり、同時に歯列の異歯化が進みつつあった(切歯、犬歯、奥歯の区別がある)。 一方で現生哺乳類や派生的な獣弓類(キノドン類)において見られる二次口蓋は獲得していなかった。当時の盤竜類としては、細い体幹と
  • フクロモモンガとモモンガ:滑空動物 タスマニアヤマネコとオセロット:忍び寄り捕食動物 フクロオオカミとオオカミ:追跡捕食動物 ティラコスミルスとスミロドン:犬歯が巨大化した猛獣 ジュゴンとアザラシとラッコ アザラシとアシカ・セイウチ ハリネズミとハリテンレック ハチドリとスズメガ トンボマダラとコバネシロチョウ
  • 犬歯は歯列において常に支配的な位置にあり、しかも、その機能が一定していることを発見した。霊長類の犬歯は、常に下顎の犬歯と第一小臼歯に咬合している。そして、犬歯のもっとも重要な機能は下顎を咬頭嵌合位に導いて、その他の歯が咬頭嵌合位に達するまでの間に互いに接触するのを防止することにある。このような犬歯
  • Brunet)らがチャドのコロ・トロ近くのバーレルガザリ渓谷で発見し、亡くなった同僚の名前にちなんでアベル(Abel)と名づけた。発見された化石は、下顎の破片と下顎第二門歯、下顎の2つの犬歯と、歯槽に付着したままの4つ全ての小臼歯だった。その後アベルという非公式の名前に代わってKT12-95-H1という標本番号がつけられた。この化石は、
  • 犬歯が並ぶ。 「フエダイ」(笛鯛)の名は、フエダイ属の口が前方に突き出て口笛を吹いているような形状をしていることに由来する。和名も形態もよく似たフエフキダイ科 Lethrinidae と紛らわしいが、フエダイ属は頭部に鱗が多いこと、口の中は赤くないこと、臼歯がなく牙状の犬歯
  • ている。オロリン・トゥゲネンシスの化石が大腿骨の臀部側に外閉鎖筋溝を持っていたという事実は、この種が二足歩行をしていたことを示している。臼歯が大きく犬歯が小さかったということは、この種が果物や野菜を好んで食べ、肉類も時々食べていたことを示している。オロリン・トゥゲネンシスはチンパンジー程度の大きさであった。
  • に生息した。同じく剣歯虎であるスミロドンよりも小型で、体型は現生のハイエナに類似し、鋸歯状の鋭利な歯を有する。発達した犬歯を刀になぞらえて俗にシミターキャットとも呼ばれる。この犬歯を獲物の首に突き立てて失血死を誘ったと推測されている。群れで行動しており、狩りも集団で行っていたと考えられている。
  • 成し、そこから下方に向かって眼窩下縫合が伸び、下部に眼窩下孔が開いている。外側に向けては、頬骨突起に向かい頬骨上顎縫合に至る。眼窩下孔の内下方には、犬歯窩と呼ばれる口角挙筋の起始となる窪みが存在し、前下方に向かって歯槽突起へと繋がる。内側方には鼻切痕をなし、正中には上顎間縫合により左右の上顎骨が縫合
  • よりも長い。全長80-100cm、肩高50-70cm、体重7-17kg。荒地を登るのに適した脚を有す。シカ科のキバノロの様に角を持たないが、雄は上の犬歯が大きく発達して、サーベル状の牙となる。歯式は0.1.3.3/3.1.3.3でシカと類似する。 麝香腺は成獣の雄にしかみられない。麝香腺は陰部と臍の
  • 下顎側切歯(かがくそくせっし、mandibular lateral incisor)は下顎中切歯の遠心にある歯。近心側隣接歯は下顎中切歯、遠心側隣接歯は下顎犬歯、対合歯は上顎中切歯と上顎側切歯である。他の切歯と同様、その機能は咀嚼により、食物を噛み切ることである。歯に咬頭は無く、その代わりに咬む面は切縁とな
  • キツネザル科(キツネザルか、Lemuridae)は、霊長目に含まれる科。 マダガスカルに自然分布。数種がコモロに移入。 歯列は門歯が上下4本、犬歯が上下2本、小臼歯が上下6本、大臼歯が上下6本。 1977年に歯列や染色体からイタチキツネザル科を分割する説が提唱された。2003年に分類が混乱していると
  • チンパンジーの場合、オスの犬歯が発達しており、集団内でのメスの獲得や他群のオスとの争いに用いられる。かつてはヒトもチンパンジーのように大きな犬歯を持っていた状態から、進化の過程で犬歯を小型化していったと考えられていたが、アルディ(および他のアルディピテクス・ラミドゥスたち)の犬歯
  • ゴビアテリウム – 恐角目の属の一つ。角もサーベル状犬歯も持たないなど外観上かなり異なる。アジアに生息。 プロディノケラス – 初期の恐角目。かつてはモンゴロテリウムなどとも呼ばれた。ゴビアテリウムの祖先または祖先に近縁な生物とされる。角は持たないがサーベル状犬歯を持つ。 ブロントテリウム –
  • 前方、下顎第二小臼歯の部分でオトガイ神経を分岐する。これはオトガイ孔から下顎骨を出、オトガイと下口唇の知覚を担当する。 下歯槽神経はそのまま下顎犬歯、切歯にも分布する。 下顎孔近くへの麻酔薬の投与は下歯槽神経とそのすぐ近くを走行する舌神経をブロックする。(下顎孔伝達麻酔・下顎孔注射法)これにより
  • ストを行うことである。下顎第二小臼歯は通常三咬頭である。頬側に大きな咬頭がある。舌側二咬頭は良く発達し、機能咬頭である。したがって、下顎第一小臼歯は犬歯に似ているが、下顎第二小臼歯は下顎第一大臼歯に似ている。 生後2年~2.25年の頃に石灰化を開始し、歯冠の完成は6~7歳頃、11~12歳で口腔に萌出し、12~14歳頃に歯根が完成する。
  • また獲物に取り付いたあと、皮膚下の暖かい血の流れる血管を探る。歯列は門歯が上顎2本、下顎4本、犬歯が上下2本ずつ、小臼歯が上顎2本、下顎4本、大臼歯が上顎2本、下顎4本の計22本の歯を持つ。上顎の門歯や犬歯は剃刀状で、獲物の皮膚を切り裂くのに適している。また切れ味が鋭いことや、寝ている時に噛まれるこ
  • キバノロ(英: Chinese Water Deer、学名:Hydropotes inermis)は、偶蹄目シカ科に属する小型のシカ。角がない代わりに、オスの上犬歯が長く牙状であることが、名前の由来である。韓国では、「コラニ(고라니)」と呼ばれる。 体長:約75〜100cm 尾長:約6〜8cm 体重:約8〜15kg
  • 本州・四国・九州に生息するホンドギツネよりも全体的にやや大きく、耳の裏と四肢の足首の部分が黒い。 大陸系のアカギツネと相似点が多い。 歯数は、切歯が上6本下6本、犬歯が上2本下2本、小臼歯が上8本下8本、大臼歯が上4本下6本、合計42本。乳頭数は、胸部1対、腹部2対、鼠径部1対、合計8個(7 –
  • 顔は白色で、目から鼻にかけては黒色の帯が走っている。目の下と頬にはその名の由来にもなっている、いぼが一対ずつある。三日月状の牙は大きく、特に下顎の犬歯は成長すると顎からはみ出し、外部に露出するようになる。子には日本のイノシシとは違い、縞模様はない。 主にアフリカの草原(サバンナ)や森林に生息する。
  • Batrachoidinae は18属からなり、およそ52種が記載される。背鰭の棘条が3本あることで他の2亜科と区別される。下鰓蓋骨にトゲを持つ。発光器・毒腺・犬歯を持たない。側線は1あるいは3本。サンゴ礁域で生活する Sanopus 属を除き、多くは海水域から汽水域にかけての砂泥底に棲む。 ウミガマ属 Amphichthys
  • 食べ物を噛み切り、すり潰すのに適している。切歯は大半のものが上下三対とも揃っており、効率よく植物を裁断する。この切歯と臼歯の間には大きな間隙があり、犬歯を持つものは、この部分に孤立した形で生えていることが多い。臼歯のうち大臼歯は祖先的なグループでは丘状歯(ブノドント)であるが、より進化したグループで
  • 体長85-105cm。肩高65-85 cm。体毛は少ない。 バビルサはその2対の牙で有名である。上下の犬歯はとても発達し、頭の方に湾曲している。オスの上顎犬歯は肉を貫き鼻の天辺から突き出ている程である。この牙は何のためにあるのかはっきりとしたことはわかっていないが、牙が折れている
  • サウルス科(英語版)が出現した。ヘテロドントサウルス科は系統樹上では基盤的な位置付けであるが、その形態は複雑である。彼らは小歯の備わったノミ状の歯や犬歯に似た鋭い歯といった異なる形状の歯を有しており(異歯性)、また摂食の際には部位ごとに分かれた下顎が複数の挙動をした。後者はこの時点の鳥盤類に咀嚼能力
  • 人類の進化を研究していく場合には、猿人に先行する霊長類も含め、上に掲げた4種とあわせ5段階で考察する。人類の基本条件としては「直立二足歩行」があげられる。また、犬歯の縮小もこれにともなう。直立二足歩行は腰や足の骨で判断していくが、それは同時に重い頭骨を支えることを可能にするので、頭蓋容量も各段階で大きく変化し、
  • トリーア大聖堂 – キリストの遺骨 トリノ大聖堂 – 聖骸布 サンティアゴ・デ・コンポステーラ – 聖ヤコブの遺骨 聖エリザベート教会 (マールブルク) – 聖エリザベートの遺骨。 ダラダー・マーリガーワ寺院 – 釈迦の犬歯。 八大聖地 – 釈迦の伝記にまつわる場所 ルルドの泉 聖遺物 巡礼 墓巡り
  • 、食いちぎるなどのために使用する。しかし、歯を使って餌を切り取り、すりつぶすなどのことができるのは、哺乳類に限られる。 哺乳類では、歯に切り裂く歯(犬歯)とすりつぶす歯(臼歯)の分化が生じており、顎の関節もそれを効果的に使えるよう、前後左右の動きが確保されている。
  • 体の印象としてイノシシ科に似るが、四肢は長めで肢端の指が二本になるなどより走行に適した形態となっている。頭骨はイノシシに比べてやや短くて高さがある。犬歯は湾曲せずに伸び、大臼歯の形も比較的単純である。 日本ではペッカリーを「ヘソイノシシ」とも称するが、それは、ペッカリーの背中にへそのような構造物が見
  • な群れで移動しながら食事を取り、夜になると100頭以上にもなる大規模な群れを形成して崖の上などで休む。威嚇やコミュニケーションとして口を大きく開け、犬歯を剥き出しにする行動を行う。 食性は雑食で、昆虫類、小型爬虫類、木の葉、果実、種子などを食べる。繁殖形態は胎生で、1回に1頭(まれに2頭)の幼獣を産む。
  • 灰褐色や灰白色で、暗褐色の横縞が入る。横縞の数は10本。顔や喉は灰白色。眼の周囲や耳介は黒い。尾の先端は黒く、基部は黄褐色。 歯列は門歯が上下6本、犬歯が上下2本、臼歯が上下6本、大臼歯が上下4本で計36本。四肢は細く、指趾の本数は4本。前肢の爪は長く1.5センチメートルで、後肢の爪の2倍以上の長さに達する。
  • テオティワカンにおいてトラロックは、他の神々と混同されてきたが、大きな目玉と上唇、大きな歯を特徴としていることのほかに、最近の研究によって口の中にジャガーの犬歯と睡蓮を表す文様を伴うトラロックAと、大きさがほぼ同じ円錐形の歯をもちサポテカの雨神コシーホに似た二又に分かれた舌を持つトラロックBと呼ばれる姿に描かれていることが解明されてきた。
  • メージとしてはクズリやラーテルのような大型のイタチ類と酷似する。肉食に適化した鋭い歯を持つ、獰猛な捕食者であったと思われる。小さな切歯と発達した長い犬歯、断ち切ることに適した鋭い頬歯を持つ。下顎は分厚く、歯骨の拡大が進んでいた。また筋突起も発達し、咬む力は強力であったと推定される。
  • 触する。このような咬合様式を両側性平衡咬合またはフルバランスド・オクルージョンと呼ぶ。 咬頭嵌合位から下顎が側方運動を行う時、作業側では上顎犬歯の舌面と下顎犬歯の遠心切端および下顎第一大臼歯頬側咬頭近心斜面とが接触を保ちながら滑走するがそれ以外の部分では上下顎の歯は離開している。下顎が前方運動を行う
  • 犬歯とそれに付随した下顎の鍔を発達させた。あるグループはもっと小さい犬歯の現生ネコ類と同じような歯列を持っていた。また別のグループは、剣歯虎類と現生ネコ類の中間であるかのような、中程度に発達した犬歯を持っていた。上顎犬歯
  • 方には付属物の歯があり、根元は粘膜と結合組織からなる歯肉に覆われ、露出している部分は硬いエナメル質の層を持つ歯冠がある。歯の形は四角形や鑿状、または犬歯のような円錐状があり、成人の永久歯は上下16本ずつの計32本ある。 口裂の奥には口腔という空間がある。天井の口蓋は前方2/3が鼻腔との仕切りとなる硬
  • イオンなどの野生肉食動物において、裂肉歯が失われた場合には飢餓で死亡する。 ネコ目においては、上顎の最後方小臼歯と下顎第一大臼歯が裂肉歯となっている。しかし、新生代の肉歯目では、さらに後方である上顎第一大臼歯と下顎第二大臼歯、または上顎第二大臼歯と下顎第三大臼歯が裂肉歯となっていた。 犬歯(尖頭歯)
  • の眼窩の前には眼窩以上の大きさの窪みが存在し、その下端は発達した犬歯に向かって開いている。そして、犬歯には、縦に何条もの畝が走っていた。こういった特徴は、ウミヘビなどの毒牙と共通するものであった。つまり、眼窩前の窪みは毒腺であり、犬歯を伝って毒が相手に流れ込む様になっているのである。この事から、「
  • berycoides)とは、スズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科に属する暖海性魚類である。スズキ科とする分類もある。別名はノドグロ(喉黒)。 なお、スズキ目ムツ科のムツとは別種であり、両顎に犬歯がない。 大きいもので全長約40cm。体型は楕円形で、側偏する。背側の体色は赤紅色で、腹側は銀白色。櫛鱗をもつ。
  • 哺乳類の歯は一般的に、それぞれ別の機能を持つ形状を取っており、切歯(門歯)・犬歯・前臼歯(小臼歯)・臼歯(大臼歯)の4種類に分化している。真獣類の基本数はイノシシに見られる片顎あたり切歯3・犬歯1・前臼歯4・臼歯3だが、これが揃っている種は少なく食性により歯の退化したものや、ハクジラ
  • 』のお天気コーナーを個人的な事情により休演したが、5月4日の放送より復帰した。 ミニマリストの人で家に布団と包丁がない。なので、床で寝ていて長ネギは犬歯で噛み切る。 大学生時代にパニック障害で苦しんだ。 1日の流れは、午前0時に起きて筋トレとストレッチ。 ZIP!(日本テレビ系、2019年4月1日 –
  • 歯式は3/3·1/1·4/4·2/3 = 42で、上顎には6本の門歯、2本の犬歯、8本の小臼歯、および4本の大臼歯があり、下顎には6本の門歯、2本の犬歯、8本の小臼歯、および6本の大臼歯を持ち、何れもイヌより大きく丈夫である。頭から鼻にかけての頭骨のラインはイヌよ
  • 尾は長く、頭胴長よりも長い種もいる。多くの種で明瞭な斑紋や斑点が入らないが、シママングース類やミーアキャットは縞模様が入る。 耳介は小型。歯列は門歯が上下6本、犬歯が上下2本、小臼歯が上顎6 – 8本・下顎4 – 8本、大臼歯が上顎4本・下顎2 – 4本で計34 – 40本。肛門の周辺に臭腺(肛門腺)がある。四肢は短い。指趾は4
  • トクソドン亜目、ティポテリウム亜目、南祖亜目から構成される。南米で最も繁栄したが、既に絶滅した。 歯冠の高い臼歯を持ち、植物食に適応していた。また、犬歯の縮小などで歯が一続きのような形態をとっていたことも特徴である。初期では一見ウサギのようなノトスティロプス、中期では大型のネソドン、後期ではメソテリ
  • 初期のものの代表格オニコデクテス(Onychodectes)は特殊化していない身体構造を有しており、また恐らくは雑食性であった。犬歯は巨大であり、 そして臼歯は高冠歯となっていた。身体構造は彼らが優れた登攀能力とオポッサムに似た生態を持っていたことを示唆している。
  • Maligawa)または佛歯寺(英語: Temple of the Tooth)は、仏教聖地であるスリランカ中部州キャンディ に位置する寺。釈迦(仏陀)の犬歯(仏歯)が納められている。 『大涅槃経』(Mahaparinibbana Sutta) によれば、仏陀(釈迦)の死後、歯は遺骨と同様にインド各地に分割された。
  •   下顎下端に達するほどの長い犬歯と発達した切歯をもち、顎関節は90度近く開いた。これは長大な牙を相手に食い込ませるのに必要な進化だったとされる。犬歯の厚みは後の剣歯虎よりもやや厚いが、基本的にはサーベル状の薄く鋭利な構造だった。ゴルゴノプスの歯は顎前方の切歯と犬歯
  • 状の斑紋に由来する。耳介の後方は黒い体毛で被われ、白い斑点が入る(虎耳状斑)。 耳介は丸みを帯びる。虹彩は黄褐色。鼻面は頑丈で幅広く、顎が発達する。犬歯は非常に大型。第1小臼歯は小型で、第1小臼歯がない個体もいる。四肢は短く、足の裏は幅広い。 ネコ属とヒョウ属の中間的な種だと考えられている。 Neofelis
  • ヘテロドントサウルス(Heterodontosaurus ”異なる歯のトカゲ”の意味)は顕著な犬歯をもつ小型の草食恐竜の属であり、ジュラ紀前期の南アフリカに生息していた。犬歯を除いては形はヒプシロフォドン科(en)に似ていた。 ヘテロドントサウルスは南アフリカ由来のSAFM(South African
  • 歯冠はこの時期に内エナメル上皮の形態によって影響を受けて形作られる。口腔内の至る所で、全ての歯はこの同じ過程をたどる。何故、歯が切歯や犬歯のような様々な形態の歯を形作るかはまだはっきりと判明したわけではないが、二つの有力な仮説がある。フィールド・モデルは、それぞれの歯種の構成要素が外胚
  • Citharionoidei は2科20属98種で構成される。本亜目は全てのカラシン類の起源となるグループと考えられており、ほぼ全種がアフリカに分布する。2本の犬歯をもち、第2・第3後擬鎖骨は癒合する。鱗は一部を除き櫛鱗で、腹鰭の鰭条数は比較的多い。 ディスティコドゥス科 Distichodontidae
  • い。前翅の背面には4条の縦方向の隆起が走るが、基部近くでは不明瞭となる。点刻は細かく小さく、それが不揃いにあって、縁に近いほど多くなる。前翅の先端は犬歯のように小さく尖り、その外側では不規則に軽い鋸歯のようになっている。体下面に雄では銀灰色の柔らかな毛が多い。腹部末端の節は雄では三角形に窪み、雌では
  • 5cm、平均体重約14 – 18kg、ペッカリー科現生3種の中では最も小型となる。頭部は鼻先が尖った楔形。眼は小さく、また外耳も小さく丸みを帯びている。牙(犬歯)は小さく、下向きに湾曲する。胴体は樽型で、四肢は細く長い。肢端はやや古い形質を残しており、地面に着いた二つの蹄とやや上方にある爪の合計三本の趾があ